相場急落後の展開は? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

access_time create folder政治・経済・社会
相場急落後の展開は?  仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

 

BTC / USDT

強気派は、11月30日と12月1日にビットコインを20日間指数移動平均線(57,905ドル)以上の状態に維持することができなかった。これは、弱気派が20日間EMAで抵抗していることを示すものだ。

相場急落後の展開は?  仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
BTC / USDT日足チャート。出典:TradingView

弱気派は今、100日間単純移動平均線(54,485ドル)と11月28日の日中安値である53,256.64ドル以下にBTC価格を引き下げようとしている。これが成功した場合、BTCは50,000ドルの心理的に重要なサポートにまで急落する恐れがある。

ここを下抜けてしまった場合、売りが勢いを増し、BTCが40,000ドルにまで下落することになるだろう。そのため、ここは注意を払うための重要なサポートとなる。下落傾向にある20日間EMAとネガティブな領域にある相対力指数(RSI)は、弱気派が主導権を握っていることを示唆している。

逆に、BTC価格が100日間SMAから反発し、20日間EMAを上回った場合、安値での蓄積を示すものになる。その後、BTCは50日間SMA(60,750ドル)にまで上昇する可能性がある。

ETH / USDT

イーサ(ETH)は12月1日に4,778.75ドルから下落した。これは、弱気派が過去最高値である4,868ドルで積極的に抵抗していることを示している。ETH価格は50日間SMA(4,319ドル)にまで引き戻された。

相場急落後の展開は?  仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
ETH / USDT日足チャート。出典:TradingView

ETH価格が現在のレベルから反発した場合、それはセンチメントがポジティブなままであり、トレーダーが押し目買いしていることを示すものだ。その後、強気派は、4,868ドル以上に押し上げようと再び試みるだろう。

これが成功した場合、ETHは上昇トレンドを再開し、次の価格目標は5,796ドルになるだろう。逆に、ETH価格が50日間SMAを下回った場合は、トレーダーが退場している可能性を示すものになるだろう。そうなれば、ETHは強力なサポートである3,900ドルまで後退する恐れがある。

XRP / USDT

XRPが1ドルの心理的レベルを超えたが、それを維持できなかったことは、弱気派が積極的な売りを行っていることを示している。XRP価格は下落し、弱気派は強力なサポートである0.85ドルにまで価格を引き下げようとするだろう。

相場急落後の展開は?  仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
XRP / USDT日足チャート。出典:TradingView

下降傾向の20日間EMA(1.02ドル)と37未満となっているRSIは、弱気派が主導権を握っていることを示唆している。弱気派が0.85ドル以下にXRP価格を引き下げて、それを維持した場合、XRPは次のサポートである0.70ドルまで急落する恐れがある。

逆に、XRP価格が現在のレベルもしくは0.85ドルのサポートから反発し、20日間EMAを上回った場合は、売り圧力が低下したことになるだろう。その後、XRPは50日間SMA(1.09ドル)にまで上昇する可能性が出てくる。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン
 

 

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。


関連記事リンク(外部サイト)

フィデリティ・カナダ ビットコイン現物ETFを申請=報道
BTCは6万ドル突破できるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
ビットコインのトランザクション手数料、今年だけで50%以上減少

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧