LTC(ライトコイン)弱気相場入り?日足・週足の一目均衡表から今後の展開を探る【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
LTC(ライトコイン)弱気相場入り?日足・週足の一目均衡表から今後の展開を探る【仮想通貨相場】

 

著者 DMM Bitcoin マーケットレポート

プロフィール:暗号資産交換業者。DMM Bitcoinなら、豊富な取扱い暗号資産(仮想通貨)種類でお取引が可能です。厳重なセキュリティで、お客様が安心して暗号資産のお取引ができる環境を提供します。最短当日に口座開設可能。(暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3189号、加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会)

過去同様、出来高急増が価格のピークに

CoinMarketCapより作成

上図は、2021/8/1から執筆時点までのLTC/JPY(ライトコイン)の出来高(棒グラフ)と終値(折れ線グラフ)を表したものである。

直近のLTC/JPYは、11/9に今年5月以来の30,000円台を回復し、節目の30,000円前後で高値揉み合い状態となっていたが、11/16にBTC(ビットコイン)の急落に端を発した暗号資産市場全体の下落により短期的な上昇傾向が崩れ、大きく下落することとなった。

その後、11/26に新型コロナウイルスに新たな変異株(オミクロン株)が発見されたことを受け、市場全体でリスクオフムードが進行し、LTC/JPYでは一時20,000円割れの水準まで売り込まれる場面も見られた。

しかし12/1時点までで、終値では20,000円以上の水準を維持しており、大台割れの水準では一定の買い支えに期待できそうな状況にも見える。

とは言え、オミクロン株に対する不透明感、米国のテーパリングや利上げ観測などを背景とした米国株の急落などが足元で燻っており、しばらくはリスクオフムードに傾きやすい地合いが続く可能性が考えられる。

他方、出来高を確認すると、11/12の当社レポート(Daily Market Report 2021/11/12「価格が3日で1.4倍になったLTC(ライトコイン)、勢いに乗って史上最高値更新か?」参照)で記述したように、11/9・11/10の出来高の急増(上図 青枠)が、結果的に価格のピークアウトの前兆であったような値動きを描いた。

11/10以降は出来高が漸減しながら価格が下落に向かっており、9月中旬以降(上図 黄色枠)のように、しばらく上値の重たい展開が継続する可能性がある。

出来高の減少は需要の低下とも読み取ることができ、新たな買い手の流入が滞ることとなれば、売りに押されやすい環境が整っていくこととなろう。

引き続き出来高の推移にも注目し、価格動向を追っていきたい。

次にテクニカル面で、上下のターゲットプライスについて考察する。

続きはこちら

 

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

方向感に欠けるBTC 雇用統計には要注意【仮想通貨相場】
上値が重いビットコインに更なる悪材料?【仮想通貨相場】
MONA(モナーコイン):上昇優勢継続が手厚い―転換線下抜けで形成逆転の展開も【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧