【衝撃】映画ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ冒頭7分公開! YouTubeで視聴可能

access_time create folder生活・趣味

 

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(Venom: Let There Be Carnage)が北米で2021年10月1日に公開されたが、信じられないことに日本では2か月も遅く2021年12月3日に公開される予定で、ディープなファンの一部は海外勢からのネタバレを食らい意気消沈しているが、新たな展開があった。

 

・YouTubeに冒頭7分が公開されている

YouTubeに「ENOM: LET THERE BE CARNAGE Extended Preview – First 7 Minutes」とのタイトルで、「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の冒頭7分が公開されているのである。もちろんこれはソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの公式動画であり、誰でも視聴可能であり、悪意ある者による違法ネタバレ動画ではない。

 

・物語の核を成すキャラクターが登場

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが公式に公開しているこの「ENOM: LET THERE BE CARNAGE Extended Preview – First 7 Minutes」には、物語の核を成すキャラクターが登場し、極めて重要なシーンが含まれている。未視聴の人のために内容は書かずにおくが、非常に興味深い展開となっている。

 

 

・劇場の巨大スクリーンで鑑賞したい

すでに北米などいくつかの国では「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は過去作品と化しており、Amazonプライムビデオなどで有料配信もされている。インターネットのVPN接続を使用すれば日本でもスマホやパソコンやテレビで「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」を鑑賞可能だが、公開日が遅い点は最悪だとしても、内容は素晴らしいものだと評価されているわけで、劇場の巨大スクリーンで鑑賞したいものである。

 

・「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」と深い繋がり?

今回の「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は、「アベンジャーズ」などのマーベル・シネマティック・ユニバースとは別ユニバースを描いていると言われているが、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」と深い繋がりがあるのではないかと考察されており、真偽不明な考察ではあるがその点にも注目したいところだ。

 



 

 

もっと詳しく読む: 【衝撃】映画ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ冒頭7分公開! YouTubeで視聴可能(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/12/02/venom-let-there-be-carnage-youtube/

 

 

access_time create folder生活・趣味

バズプラスニュース Buzz+

知らなかった!がそこにある「速報ニュース バズプラス」。世界の情報を集め、気になるニュースをお届けします。

ウェブサイト: http://buzz-plus.com/

TwitterID: buzzplus_news

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧