ワクワク感満載! お酒の福袋「酒ガチャ福袋 2022」を開封

access_time create folderグルメ

いろんなお酒が届くワクワク感が楽しめる!

お酒のオンラインストア「KURAND(クランド)」にて、大人気企画「酒ガチャ」から、お酒の福袋「酒ガチャ福袋 2022」が2021年11月16日(火)~22年1月15日(土)期間限定で開催。

気になる福袋「酒ガチャ福袋 2022」をご紹介いたします。

「酒ガチャ福袋 2022」梅コース

「酒ガチャ福袋 2022」とは、人気企画「酒ガチャ」から登場した期間限定の福袋企画。

年末年始のお祝いの席を彩る金箔付きのお酒や、人気銘柄のお正月バージョン、今回から登場する新銘柄など30種類以上の新商品が福袋限定酒として必ず入ります。

「酒ガチャ福袋 2022」のプランは全部で4種類です。プランによって、お届け本数・価格・割引率・レア酒の出現率などが異なり、豊富な選択肢の中から自分に合ったプランを選べます。

【酒ガチャ福袋 2022 プラン一覧】
☆「松 極」: 55,000円(税込) 最大 40%OFF/お酒 16本以上
☆「松」: 33,000円(税込) 最大 25%OFF/お酒 11本以上
☆「竹」: 22,000円(税込) 最大 20%OFF/お酒 9本以上
☆「梅」: 11,000円(税込) 最大 15%OFF/お酒 5本以上

今回、「梅」: 11,000円(税込) 最大 15%OFF/お酒 5本以上のものをセレクト。さらに、オーダーの際は「日本酒多め」「果実酒、梅酒多め」「おまかせ」からお好みのものをチョイスできるのだそう。

色々堪能したいので「おまかせ」を選んでみます。

届いたラインナップはこちら。

「たぬき踊る黒蜜梅酒」「罪 背徳マンゴー」「理系兄弟」「金銀 -KEEN GUIN- 2022年お正月限定版」「酒を売る犬 酒を造る猫 恋するいちご酒」の5本。日本酒が2本、梅酒1本、果実酒が2本と入ったバランスのいい組み合わせになっていました。

どのお酒もパッケージも凝っていて可愛い!

・「たぬき踊る黒蜜梅酒」
「たぬき踊る黒蜜梅酒」は、徳島県産の梅をじっくり漬け込み、和三盆糖黒蜜を贅沢に使って仕上げた風味豊かな梅酒。トロ~りとした黒蜜のコクがくせになる濃厚な味わいで、舌の上にひろがるまろやかさが楽しめるお酒。

・「罪 背徳マンゴー」
「罪 背徳マンゴー」は、どろりと濃厚なテクスチャーが特徴のアイスクリーム専用果肉酒です。夜の闇にまぎれてやってくるその欲望のまま、贅沢で濃密な時間を楽しむお供に。罪悪感もこの時ばかりは気分を盛り上げる火付け役。

・「理系兄弟」
「理系兄弟」は、母の後を継いだ薬剤師の兄と、遺伝子レベルで免疫を研究していた杜氏の弟という、日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った日本酒です。

・「金銀 -KEEN GUIN- 2022年お正月限定版」
「酒ガチャ福袋 2022」での限定販売商品。
茶聖・千利休が茶の湯にも使用したといわれる「金明水・銀明水」と同じ水脈の地下水で醸した純米大吟醸です。搾りには「遠心分離機」を使用し、雑味のない透明感のあるクリアな味わいに。金箔が見事に輝きます。

・「酒を売る犬 酒を造る猫 恋するいちご酒」
「酒を売る犬 酒を造る猫 恋するいちご酒」は、「酒ガチャ福袋 2022」での先行販売商品。
大人気の日本酒「酒を売る犬 酒を造る猫」から、甘くてジューシーな果肉をふんだんに使用した、プチ贅沢感を味わえるいちご酒。大切な友と呑み交わせば、甘酸っぱい思い出話に花が咲くことでしょう。

自分で飲むのはもちろん、手土産やちょっとしたギフトにも嬉しい「酒ガチャ福袋 2022」。オーダーしてみてはいかが。

酒ガチャ福袋 2022
https://kurand.jp/pages/sakegacha-winter

詳細概要

タイトル:「酒ガチャ福袋 2022」
注文受付期間: 2021年11月16日(火)~22年1月15日(土)
発送開始:11月下旬より順次発送予定
プラン:4種類~
プラン販売価格: 11,000円~55,000円(税込)
キャンペーン詳細: https://kurand.jp/pages/sakegacha-winter

※撮影:オサダコウジ
※イラスト:erini

access_time create folderグルメ

erini (エリーニ)

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧