フグやタコで愛知の冬を満喫 JR東海がグルメキャンペーン

access_time create folder生活・趣味

フグやタコで愛知の冬を満喫 JR東海がグルメキャンペーン
フグ料理(左)とタコ料理のコース一例

12月から翌年3月までの冬季は、いわゆる観光閑散期だ。鉄道事業者各社は一般的な観光に代えて、冬ならではの味覚で誘客に取り組む。

JR東海は2021年12月から2022年3月までの4ヵ月間、本社を置く愛知県の海産物で誘客する「あいちフグタコ」キャンペーンを実施する。

フグは山口県が有名だが、実は愛知県も知る人ぞ知る名産地。同様にタコも地域を代表するグルメで、産地として知多半島の日間賀島(知多町)が有名だ。JR東海が地域の食にスポットを当てるキャンペーンは珍しく、北陸のカニや下関のフグ(フク)のように、旬の味覚を発信して鉄道や旅行商品の利用促進につなげる。

あいちフグタコキャンペーンでは、愛知県内15施設のホテルや旅館がフグやタコが素材の料理を用意。グループのジェイアール東海ツアーズのほか、JTB、日本旅行、KNT-CTホールディングス(近畿日本ツーリスト)、名鉄観光サービスの各社が、グルメを味わう宿泊ツアー商品を組む。

旅行商品は、往復新幹線、宿泊、体験コンテンツで構成。ピークを外す「ずらし旅」としてPRする。体験メニューとして、日間賀島での「干しタコ体験」、「釣り体験」、それに豊橋の人気店で使える「豊橋まち歩きクーポン」などを用意する。

キャンペーンは、東海道・山陽新幹線の会員制予約サービス「エクスプレス予約(EX)」会員向け特典も用意。知多半島の河内港から日間賀島に渡る定期船の乗船券や島での体験メニューを味わえる。利用には、EXサービスへの入会が必要。

フグやタコが「食べてよ!」と呼び掛けるキャンペーンポスター(画像)

画像:JR東海
記事:上里夏生


関連記事リンク(外部サイト)

「ゆるキャン△オリジナルChabacco」大井川流域の観光スポット4か所で発売 11/12~
飯田線、11月15日全線運転再開
冬の岐阜で体験型観光 JR東海が2021年12月から2022年3月に「ずらし旅×冬の飛騨路」

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネル

鉄道チャンネル

鉄道チャンネルは、いつでも鉄道に浸れる!鉄道ファンのための鉄道専門チャンネル。多彩なジャンルの鉄道ニュースを毎日配信中!

ウェブサイト: https://tetsudo-ch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧