NASAの小惑星リュウグウのサンプル分析の様子

access_time create folderデジタル・IT
NASAの小惑星リュウグウのサンプル分析の様子

【▲2021年6月JAXAからNASAにはやぶさ2が採取したリュウグウのサンプルが届きました。画像はNASAのジョンソン宇宙センターのラボにおけるその分析の様子(Credit: NASA)】

2021年6月NASAにJAXAからはやぶさ2が採取したリュウグウのサンプルが届けられました。上掲の画像は、NASAが10月26日に「本日の1枚」として公開したNASAのジョンソン宇宙センターのラボにおけるその分析のようすです。

はやぶさ2が採取したリュウグウのサンプルが入った再突入カプセルは、2020年12月5日にはやぶさ2から分離され、翌12月6日に大気圏に再突入後、同日中にオーストラリアの現地本部に無事回収されました。JAXAによれば、採取されたリュウグウのサンプルの質量は約5.4gになるそうです。

そして、その一部が2021年6月にNASAに届けられました。

予備分析(preliminary analysis)のために日本から最初に分配されたサンプルのうちの1つになります。

予備分析のための鉱物学-岩石学サブチームのサブリーダーとしてその最初の分析にあたったマイク・ゾレンスキーさんは基礎的な性質を決定するためにリュウグウのサンプルを分析した最初の科学者の一人になりました。また、他にもジャンミ・ハンさん、ジェームズ・マルティネスさんなどもジョンソン宇宙センターの各部署からこの分析に加わりました。

このようにしておこなわれた最初の分析は、ジョンソン宇宙センターの構造工学部門の走査型電子顕微鏡ラボにおいて、5日ほどで完了しました。

なお、予備分析はこの後も引き続きジョンソン宇宙センターにおいて続けられています。

このようにして、リュウグウのような炭素質の小惑星(carbonaceous asteroids、C型小惑星)を研究することで、科学者たちは、太陽系の形成について、よりよく理解することができるようになるだろうと考えられています。

 

Image Credit: NASA
Source: NASA
文/飯銅重幸(はんどうしげゆき)


関連記事リンク(外部サイト)

地球サイズの系外惑星「GJ 1132b」に大気 水の存在の可能性も
最も高密度な白色矮星によるIa型超新星の痕跡
「太陽の100倍以上大きい星々」がダイヤモンドのように煌めく様子

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧