安値圏でのもみ合い続くビットコイン、底固めに成功するか?【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
安値圏でのもみ合い続くビットコイン、底固めに成功するか?【仮想通貨相場】

 

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

安値圏でのもみ合い継続

昨日のBTC相場は安値圏でのもみ合い。火曜日に2度55,000ドル(約635万円)台でサポートされると、ほぼ56,000ドル(約645万円)から58,000ドル(約670万円)の狭いレンジでの取引が続いている。日本時間月曜日深夜にホワイトハウスがFRBパウエル議長再任の意向を示した後、BTCは59,000ドル(約680万円)台からじりじりと値を下げたが、55,000ドル台で2度サポートされると、ダブルボトム気味に57,000ドル(約660万円)台に反発した。その後58,000ドルを前に上値が重くなる中Coinbaseで接続不良が発生、56,000ドル近辺まで値を下げたが、トラブル解消が伝わり踏みとどまった。海外時間に入ると米株が上昇、10月のPCEコアデフレーターも前年同期比+4.1%と予想通りながら高止まりしたことを受けBTCは上昇、FOMC議事録でテーパリング加速を正当化する意見があり若干水を差されたが、モルガンスタンレーがBTCのエクスポージャーを増加させたとの報道もあり58,000ドルをトライしている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

不安定な値動きのBTC アク抜けにはまだ時間かかるか?【仮想通貨相場】
11月24日 ビットコイン価格テクニカル分析【Zaifフィスコ仮想通貨ニュース】
ハードフォーク間近のXEM(ネム)、週足ダブルトップ形成か?【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧