インドの仮想通貨禁止法案発表で価格が暴落

access_time create folder政治・経済・社会
インドの仮想通貨禁止法案発表で価格が暴落

 

インドでの仮想通貨禁止をめぐる規制議論により、大手仮想通貨取引所WazirXでパニック売りが発生し、ビットコイン(BTC)やイーサ(ETH)などの主要仮想通貨の価格が大幅に下落した。

インドでは国会の冬議会で26本の新しい法案を導入・上場することを発表した直後に、仮想通貨価格が暴落した。法案の一つである「仮想通貨および公式デジタル通貨の規制法案」が要因だ。この法案は、「すべての民間仮想通貨」の禁止を課す一方で、「公式デジタル通貨」の創設について立法投票を求めるもの。

24日の午前3時30分(UTC時間)にWazirXに大量の売りが出たことで、ビットコインの価格は約460万インドルピー(61,820.73ドル)から3,917,659ルピー(52,650.55ドル)へと、2時間以内に14.8%の下落。同様に、イーサやカルダノ(ADA)などの他の人気トークンも、同取引所で現地で2桁の価格下落を経験した。


Bitcoin price crash on WazirX. Source: WazirX

WazirXのCEOであるニシャル・シェッティ氏は、インドの仮想市場は通常、世界の市場に比べてプレミアムで取引されていることを強調した。

「今回のパニックセールというイベントにより、インド市場は修正され、価格はグローバルレベルに達した」

また、シェッティ氏は、仮想通貨の資産やユーティリティとしての様々なユースケースを指摘し、「仮想通貨の『通貨』としてのユースケースがあるならば、それを禁止すべきだ」というインドのサブハシュ・チャンドラ・ガルグ元財務長官の提案を引用した。

仮想通貨取引所OKExのCEOであるジェイ・ハオ氏は、インドにおける仮想通貨の規制に向けたアプローチの必要性についてコインテレグラフに語った。

「インドは世界で最も多くの仮想通貨所有者がいる国であり、国内の多数の仮想通貨投資家の利益を保護する責任は政府にある」

BTC MarketsのCEOであるカロライン・ボウラー氏は、インドの禁止令について、「この禁止令は長期的には機能せず、一歩後退することになる」と述べ、「投資家の利益を守るためには、禁止することは選択肢にない」と付け加えた。

“仮想通貨の特徴は、政府が禁止しようとしたり、封じ込めようとしたりしても、テクノロジーの非常に分散化された性質がそれを多少なりとも禁止していることだ。”

インドのブロックチェーン投資家であるエバン・ルースラ氏は、ボウラー氏の考えを支持し、政府が仮想通貨へのアクセスを制限することは不可能だと語る。同氏は、ビットコインが主流になる中でエルサルバドルが急速にインフラを発展させたことを引き合いに出し、インド政府も近いうちに仮想通貨を受け入れ、扱うことを余儀なくされるだろうと考えている。

“最初は一般市民、次に銀行、そして今は政府もメタバーズで仮想通貨を学び、扱う必要が出てくるだろう。”


関連記事リンク(外部サイト)

インドのモディ首相、仮想通貨活用について言及 | 民主主義国同士で協力する重要性訴える
GoSatsがインドでビットコインリワードカードをローンチ
「インドの仮想通貨全面禁止は誇張表現」財務相が発言

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧