元宝塚がアニメで壮大な歌声! 咲妃みゆ「とても温かく幸せになれた」

access_time create folder動画

今月21日、新宿ピカデリーにて、映画『アイの歌声を聴かせて』の公開記念舞台挨拶が行われ、プリンセス・ムーン役の咲妃みゆさん、監督の吉浦康裕さんが登壇しました。

本作の主人公は、景部高等学校に転入してきた謎の美少女・シオン(cv土屋太鳳)。
抜群の運動神経と、天真爛漫な性格で学校中の人気者になるが‥ 実は試験中のAIだった! 
そんな彼女が手を差し伸べたのが、クラスで孤立しているサトミ(cv福原遥)。
サトミの前で突然ミュージカル調に歌い出し、思いもよらない方法で彼女を“幸せ”にしようと奮闘するが、大騒動に巻き込まれてしまう‥ という、ハートフルエンターテイメント作品。
咲妃さんは、劇中に登場するアニメ「ムーン・プリンセス」のムーン役を担当し、劇中歌「フィール ザ ムーンライト~愛の歌声を聴かせて~」を歌っています。

初のアニメ作品に参加となった、元宝塚歌劇団の咲妃さん。
オファーを受けた時「まさか自分がアニメに携われる日が来るとは、夢にも思わなかった。本当に素敵な話をいただき、必死で練習しレコーディングに挑んだ。とても難しかった」。

公開後、周りの反響について「応援してくださるファンの方や、知人や家族も劇場に足を運んでくれて『感動した』という声も多く『2回劇場に行った』という声もいただき、反響の大きさや作品の素晴らしさをすごく感じられて嬉しい」と、笑顔で明かしました。

吉浦さんも「SNSでも熱のこもった感想や『観て幸せになれた』と、周りの人に勧めてくれる方も多く、舞台挨拶もする度にお客さんが増えている。映画は世に放った後は、観客の皆さんに育ててもらっていると、こんなに実感した作品はなかった」と、反響の大きさに喜びました。

作品を見て、咲妃さんは「とても幸せで温かい気持ちに包まれた。身の回りで私を支え応援してくださっている方への思いも大切に向き合っていきたいという気持ちになった。コロナ禍、会いたいと思っても会えない世の中ですが、『会えなくても心は繋がっているんだよ』というメッセージもあり、作品から背中を押してもらった気がして感動した」とのこと。

劇中に登場するアニメ「ムーン・プリンセス」。
吉浦さんは、咲妃さんにVCと歌をお願いした理由について「実在しているアニメのようにしたかった。だから物語も作った。竹取物語をベースにしたファンタジーで映像も作り込んだ。主人公達の元になったミュージカルだから、歌声はどうしても“本物”である必要があった。歌声には説得力が必要だから、どうしても本物の方にお願いしたかった。キャスティングの時、咲妃さんにお願いできるとなった。『本当にお願いできるのか!?』とびっくりした」と明かし、「(結果)実在するかのようなアニメができ、この映画全体にとってすごく大事なポイントだった」と、大満足の様子で語りました。

映画『アイの歌声を聴かせて』絶賛公開中!
配給:松竹 ©️吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会

★舞台挨拶の様子は他にも↓
https://www.youtube.com/watch?v=qIuO7

The post 元宝塚がアニメで壮大な歌声! 咲妃みゆ「とても温かく幸せになれた」 first appeared on フィールドキャスター.

関連記事リンク(外部サイト)

“恥ずかしいからカーテン閉めて” 元宝塚・咲妃みゆ 初のアニメ作品で‥
「お兄ちゃんの家にこっそり‥」 本田望結(17) 22年カレンダーは“大人っぽくてドキドキする” 
“博多弁”がキュート! 蒼井優 新CMでアドリブ「元気しとうよ」

access_time create folder動画
local_offer
フィールドキャスター

フィールドキャスター

芸能イベントを記者が取材・編集!動画ニュースを配信!フィールドキャスターはオリジナル動画で最新のニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://fieldcaster.net/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧