10月に暴騰劇見せた柴犬コイン(SHIB)価格が半分に まだ強気圏にあるとみる声も

access_time create folder政治・経済・社会
10月に暴騰劇見せた柴犬コイン(SHIB)価格が半分に まだ強気圏にあるとみる声も

 

2021年10月の暴騰劇で話題となった「柴犬コイン(SHIB)」の価格が、この3週間で半分になっている。

関連記事「去年8月に買った38万円の「シバイヌ」コイン、現在の価値は1760億円に

柴犬コインは19日、0.00004251ドルまで下落。 ピーク時につけた0.00008854ドルから55%下げたかたちだ。10月1日から月末までで11倍も上げており調整は不可避だった

ツイッター上の海外コメンテーターはさらなる下げも予測している。

10月に暴騰劇見せた柴犬コイン(SHIB)価格が半分に まだ強気圏にあるとみる声も
SHIB/USD four-hour price chart. Source: TradingView, John Wick

一方で仮想通貨の世界では50%以上の調整は珍しくない現象だ。

ビットコインも今年に入って6万5000ドルから3万ドルまで反落する局面があった。その後ビットコインは69000ドルまで反発し高値を更新している。ビットコインはインフレ耐性やタップルート実施によるプライバシー性能の向上、そしてETF認可への期待などが価格上昇の根拠になっている。

一方柴犬コインの台頭の根拠となっているのは、仮想通貨の世界に引き付けられるネットユーザーが持つ「コミュニティ(共同体)」意識といわれる。著名人や富豪の支援なしにのし上がった所以だ。

またチャート分析によるといまだに強気圏で推移しているともされ、今後も強く推移するという分析もある。その場合注目すべき節目となるのが$0.00010000ドルとなる。

関連記事「シバイヌ人気は衰えず? イーサリアムのクジラが保有する最大のERC-20トークンに」

PR記事「仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめは?プロがランキング形式で徹底比較!【2021年最新版】」


関連記事リンク(外部サイト)

米決済大手スクエア、分散型ビットコイン取引所のホワイトペーパー公開
調整からの回復なるか? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
バイナンスUS、数億ドル規模の資金調達を検討している=バイナンスCEOが明らかに

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧