古屋兎丸×和山やま『ライチ☆光クラブ』コラボ本がすごすぎて買うしかない【12/21発売】 | マンバ通信

access_time create folderエンタメ
古屋兎丸×和山やま『ライチ☆光クラブ』コラボ本がすごすぎて買うしかない【12/21発売】 | マンバ通信

全国の古屋兎丸先生、和山やま先生ファンに嬉しいニュースです!

すでに各所で報じられておりますが、『ライチ☆光クラブ』刊行15周年を記念し、12月にお二人によるスペシャルコラボレーション本が発売されます。先週プレスリリースにて公開された収録内容が豪華すぎて二度見してしまったのでご紹介します。

『ライチ☆光クラブ』刊行15周年記念!古屋兎丸×和山やま 『ライチ』スペシャル コラボレーション本!カラー88P!

『ライチ☆光クラブ コラボレーション』 著者: 古屋兎丸、和山やま
『ライチ☆光クラブ コラボレーション』古屋兎丸/和山やま(太田出版)

 

【書誌情報】
『ライチ☆光クラブ コラボレーション』

著者: 古屋兎丸、和山やま
発売: 2021年12月21日
判型: 四六判
予価: 1,430円 (本体1,300円+税)
ページ数: 184ページ
ISBN: 978-4-7783-2314-1

【収録内容】
古屋兎丸が物語の終幕を描いた単行本未収録スピンオフ  「ユメミル眼帯」(43P) /ゼラとジャイボの二人を描いた掌編「ユメミル黒薔薇」(4P)

★和山やまがデビュー以前に個人的に制作しそのクオリティが一部で絶賛されていた和山版『ライチ』二次創作ショート漫画集

★古屋・和山、それぞれによる  単行本未収録『ライチ』カラーイラスト多数(個々の作品への二人のコメントやりとり付)

★古屋×和山、待望の初対談  「同じ黒い星のもとに生まれて」

 

す、すごすぎる……!

よく見ていただきたいのがカラーページの数です。本体のページ数が184ページで、カラーが88ページ。ほぼ半分じゃないですか!またサイズは宇宙兄弟などの青年マンガより少し高さがある四六判とのことで読み応えもありそう。

そしてさらになんと!今回の発売を記念した展覧会も開催されます。

古屋兎丸×和山やま ライチ☆光クラブ コラボレーション展

 

場所: ヴァニラ画廊
    東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
日時: 2021年12月16日(木)〜2022年1月25日(火)
料金: オンラインチケット800円、当日券1000円
公式サイト: https://www.vanilla-gallery.com/archives/2021/20211216ab.html

 

会場であるヴァニラ画廊の公式ページによると、

・古屋兎丸先生の当時のオリジナル原稿&和山やま先生がデビュー前に描いた「ライチ☆光クラブ」作品の展示

・映画『ライチ☆光クラブ』の小道具

・帝王の玉座の再現(フォトスポット)

・複製原画、オリジナルグッズの販売

 

などがあるとのことで、こちらも本当に豪華…!
今回のコラボ本の販売も行っており、ヴァニラ画廊限定でオリジナルポストカードが付いてくるそうです。くわしくは公式サイトをご覧ください。

ライチ ラライチ ララライチ。
コラボ本で素敵な年末を過ごしましょう。

▼あわせて読みたい


関連記事リンク(外部サイト)

連載続行祈念!『古代戦士ハニワット』原画展が10月1日より開催 | マンバ通信
「海外マンガ」をマンガ家5人でワイワイ語る夜(入門編)──かつしかけいた編 | マンバ通信
「海外マンガ」をマンガ家5人でワイワイ語る夜(入門編)──真造圭伍編 | マンバ通信

access_time create folderエンタメ
local_offer
マンバ通信

マンバ通信

マンガの口コミサイト「マンバ」と連動し、「マンガが読みたくなる気持ち」「面白かったマンガを語りたい気持ち」をブーストします。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧