SHOCHIKUピラミッドライブ「ヤッタレ!」ライブレポート10月29日!!

access_time create folderエンタメ

10月29日に松竹若手ピラミッドライブ「ヤッタレ!」が行われました!

MCは三日月マンハッタン

ライブのシステムなどについて説明した。

イッタレから勝ち上がってきたのは、たぬきごはんハウメニーピーポーハッピー遠藤大吟嬢シテントル駆け抜けて軽トラ共犯者ナカノゴトカップルノテイベルサイユの10組!!!

1つ目のブロックはカップルノテイベルサイユナカノゴト共犯者駆け抜けて軽トラの5組が登場!!!

カップルノテイは渋谷デート!!!

そらの嫉妬から被害妄想が展開されたが二人は相変わらずラブラブだった😃

ベルサイユは、友達とのかけがえのない時間を歌にして披露!!!

歌詞の内容にじわじわと笑えた😆

ナカノゴトは、田舎に引っ越してきた若者に話しかけるおじいさん。田舎と思われている場所に笑えた😄

共犯者は、洋平にアルバイトを紹介して欲しいという話からネタに入る。スタバでアルバイトしていると話す洋平にギャップ萌え😊

駆け抜けて軽トラは、ありのままで良いと言って付き合ったのに痩せる様に言ってくる彼氏にガツン!と言うためのシミュレーションをする。彼の思わぬ行動に振り回される餅田コシヒカリに注目👀

2つ目のブロックへ。シテントル大吟嬢ハッピー遠藤ハウメニーピーポーたぬきごはんの5組が登場!

シテントルは、大学進学をせずにバンドマンを目指そうとする息子とそれを止める親。母親の過去のエピソードに会場中が爆笑に包まれた!!!😆(記者もあまりの面白さに写真を撮るのを忘れてしまいました。。。すみません)

大吟嬢は、旦那がまたミキサーを買ってきてしまったという話からネタに入る。アイドルの恋愛とミキサーが同じという説に笑えた😋

ハッピー遠藤は、自身はギャガーだがギャガーっぽくないことをフリップ芸で披露😃

ハウメニーピーポーは、二人の漫才とコントの捉え方の違いに注目のネタ👀

たぬきごはんは、あやめ様シシクラに休みの日の過ごし方を聞くところからネタに入る。

あやめ様のお嬢様ぶりが伝わってきた😆

最後のブロックへ!セバスチャンヤブキサドヤコイヌマンキャメルニダンギアの5組が登場!

セバスチャンは、韓国ドラマにハマっているという話からネタに入る。字幕と音声の設定のやり方が独特過ぎて大爆笑😆

ヤブキサドヤは、「一夫多妻」というワードからリズムネタに入る。今回も脳味噌フル回転のリズムネタに圧倒されたのである😊

コイヌマンは、占いが好きと言う話からネタに入る。度々登場するハッシュタグ◯◯が気になった😆

キャメルは江戸時代の小さな城下町でコント!!!

会話が全く無い二人が追い、追われ、戦う姿がシュールで笑えた😏

ニダンギアは、友達を探す男性とその側に居る男性の設定。友達を探す男性が帽子を基準に探しており、なんとも不思議だった😆

全組終わり投票へ!「ちっちゃいことリベンジャーズ」の企画コーナーへ!各コンビ代表が一人登場し、過去にやり直したいことを発表した。

果たしてどの組が勝ち上がったでしょうか!?

次回の松竹若手ピラミッドライブ は11月21日(日)に開催!!!

11月24日(水)には、歌舞伎町Sparkleにて、ユニットライブ「待ち人侍夢豆腐」が開催!!!

下記URLよりチケット購入可能です! ZAIKOでの配信チケットも販売されます。 

https://shochikugeino.zaiko.io/e/machibito20211124

皆さまのご来場、ご視聴お待ちしております。

The post SHOCHIKUピラミッドライブ「ヤッタレ!」ライブレポート10月29日!! first appeared on オモプラッタ.

関連記事リンク(外部サイト)

お笑いタレント・昆布ちゃん、タラちゃんとマスオさんの一人二役モノマネを披露「似すぎwww」「めちゃめちゃクオリティたかい」
ライブレポート!!「サンミュージックGETライブvol.266 2日目」
ラブコメ!?ディベート!?カモシダせぶん原作の漫画「ディベートショーダウン」ガンガンONLINEで絶賛公開中!!

access_time create folderエンタメ
local_offer
オモプラッタ

オモプラッタ

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧