麺が旨い! 1から10まで“えごま”にこだわった島根のご当地ラーメン「えごま鴨だしらーめん」

access_time create folderグルメ

世の中にはまだまだ知られていないご当地ラーメンがたくさんある。今回ご紹介するのは島根県の小さな町が作ったご当地ラーメンだ。

島根県邑智郡川本町。石見銀山の程近くにある町で、中国地方最大の河川である江の川が町を縦貫している。人口は3000人強。

川本町は“えごま”の産地として知られる。2004年頃から生産をスタートし、現在は県内では奥出雲町に次ぐ2位の生産量だ。オメガ3脂肪酸をたっぷり含む「えごま油」が健康に良いと大ブレイクし、全国に出荷している。

そんな川本町が仕掛けるご当地ラーメンは「えごま鴨だしらーめん」。お土産品として売っているのと、お店では“道の駅インフォメーションセンターかわもと”のレストランで提供している。

なんといっても特徴的なのが、えごまの葉を練りこんだ特製麺。これが良い。乾麺ならではのツルツルとした喉越しに、えごまの素晴らしい香り。他ではなかなか食べられない大変美味しい麵だ。

スープは鴨を使用している。エサにえごま油の搾りカスを混ぜて育てた「えごま鴨」のガラで取ったスープを使っているのだ。淡麗で上品な美味しさで、栄養価も高いという。

「道の駅」では仕上げで香味油の代わりに、えごま油をかけて香りをプラスしている。

1から10まで“えごま”にこだわったご当地ラーメン。とにかく麺が旨いので、ぜひお試しあれ。通販でも買えるので、チェックしてみてほしい。

えごま鴨だしらーめん 塩 – オーサンファーム

(執筆者: 井手隊長)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧