レジスタンス付近での攻防激化 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

access_time create folder政治・経済・社会
レジスタンス付近での攻防激化 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

 

BTC/USDT

10月23日と10月24日のローソク足の下ヒゲは、強気派が心理的に重要なサポートである60,000ドルを守ろうとしていることを示唆している。ビットコインは上昇を再開し、64,854ドルから67,000ドルのレジスタンスゾーンに挑戦しようとしている。


BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

20日指数移動平均(EMA:58,794ドル)の上昇と相対力指数(RSI)がプラスゾーンにあることから、市場は強気派がコントロールしていることがわかる。BTC/USDTペアが67,000ドルを超えて閉じれば、強気のモメンタムはさらに高まる。

これにより、75,000ドルまでの上昇の可能性の扉が開かれ、その後、目標値である85,756.75ドルまで上昇するかもしれない。

この強気の見方は、価格がレジスタンスから再び下降し、20日EMAを割り込んだ場合には無効となる。その場合、短期トレーダーによるパニック的な売りが発生し、価格は50日単純移動平均(SMA:51,160ドル)まで下がる可能性がある。

ETH/USDT

イーサ(ETH)は10月22日に4,027.88ドルを下回ったが、弱気派はこの優位性を生かすことができなかった。10月23日には強気はがすぐにこのレベルを回復し、押し目での強い買いを示した。

レジスタンス付近での攻防激化 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

10月24日には、長い下ヒゲで示されているように、4,027.88ドルを下回ろうとする弱気派の試みは阻止された。ETH/USDTペアは、4,027.88ドルを上回る価格を維持すれば、史上最高値である4,375ドルまで上昇する可能性がある。

このレジスタンスをブレイクしてクローズすれば、心理的に重要なレベルである5,000ドルに向けての動きが始まる。

この仮定に反して、価格が現在のレベルから下降に転じた場合、弱気派は価格を20日EMA(3,826ドル)の下に引き込もうとするだろう。これは、強気の勢いが弱まっている可能性を示す最初の兆候だ。そして、50日EMA(3,473ドル)まで下落する可能性がある。

XRP/USDT

リップル(XRP)は10月24日に20日EMA(1.09ドル)を下回ったが、当日のローソク足の下ヒゲは、強気派が下値で買っていることを示唆している。買い手は今後、価格をダウントレンドラインの上に押し上げようとするだろう。

レジスタンス付近での攻防激化 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

もし彼らがそれに成功すれば、短期トレンドの変化を示唆することになる。XRP/USDTペアはその後1.24ドルまで上昇する可能性があるが、ここでは再び厳しい抵抗を受ける可能性がある。このレベルから下降に転じると、数日間は1.24ドルと1ドルの間のレンジで推移するだろう。

1ドルを割り込んだ場合は、弱気派に有利な展開となり、0.88~0.85ドルの強力なサポートゾーンまで下落する可能性がある。逆に、1.24ドルをブレイクしてクローズした場合は、1.41ドルまで押し上げられるだろう。

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

 


関連記事リンク(外部サイト)

BTCのサポートはどこか? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
最高値更新のBTC、どこまで上昇する? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
ビットコインETF上場で今後の行方は? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧