ビットコインの史上最高値更新に続き、DeFiに預けれた資金も過去最高を記録

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコインの史上最高値更新に続き、DeFiに預けれた資金も過去最高を記録

 

ビットコインは10月20日に6万7000ドルという史上最高値まで急騰した。ビットコインが未知の領域に入り、アルトコインや分散型金融(DeFi)トークンでも大きな動きがあった。


Crypto Fear & Greed Index. Source: Alternative.me

DeFiセクターもBTCの強気の勢いの恩恵を受け、すべてのDeFiプロジェクトでロックされた総価値(TVL)は過去最高を記録した。

バイナンス・スマートチェーン(BSC)やAvalanche(AVAX)、ラップドビットコイン(WBTC)を含むすべての主要なブロックチェーンネットワークにわたるDeFiプロトコルからデータを収集したDeFi Llamaのデータによると、DeFiにロックされた総価値は現在2338億8000万ドルを超えている。現在、AAVEが187.9億ドルとトップとなっており、Curveが179.7億ドルで2位となっている。

ビットコインの史上最高値更新に続き、DeFiに預けれた資金も過去最高を記録
Total value locked in DeFi. Source: DeFi Llama

ビットコイン高騰の結果として、WBTCは現在TVLで第4位となっており、145.1億ドルの資金をロックしている。

過去7日間でTVLで最大の利益を上げたのは、57.2%増加したTrader Joeと50.5%増となったRari Capitalだった。

ビットコインの史上最高値更新に続き、DeFiに預けれた資金も過去最高を記録
Top TVL gainers in the past 7 days. Source: Token Terminal

新規ユーザーがDeFiに流入

トークン価格の上昇に加え、DeFiエコシステムでは新規ユーザーの流入が急増している。Dune Analyticsからのデータは、359万1876個のユニークウォレットが少なくとも1つのDeFiプロトコルとやりとりしている。

ビットコインの史上最高値更新に続き、DeFiに預けれた資金も過去最高を記録
Total DeFi users over time. Source: Dune Analytics

新規ユーザーの流入にもかかわらず、分散型取引所(DEX)全体の取引高は5月に記録した最高値を下回っており、足元ではここ数か月よりも低い数値となっている。

ビットコインの史上最高値更新に続き、DeFiに預けれた資金も過去最高を記録
Monthly DEX volume. Source: Dune Analytics

この理由の1つとして考えられるのは、ビットコイン上場投資信託(ETF)がいつ承認されるかやビットコイン価格が年内に10万ドルにまで到達するかなど、過去2か月間でビットコインへの注目が高まったことがあるだろう。

ステーブルコインの成長は未来の需要を示唆

DeFiの成長に貢献している別の要因は、ステーブルコインの着実な統合と流入だ。

テザーの循環供給量の増加とビットコイン価格の上昇とは過去にもほぼ一致する動きをみせてきた。ここ最近のBTC上昇も例外ではなく、BTCが最高値を更新したときもテザーの供給量は増加している。

DeFi経済全体に対するステーブルコインの重要性は、エコシステム全体で使用されるステーブルコインプールの作成を扱っているCurveにロックされた総価値によっても証明されるだろう。

仮想通貨の時価総額は現在2.6兆ドルとなっており、ビットコインのドミナンスは47.5%となっている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン
 

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。


関連記事リンク(外部サイト)

仮想通貨業界は「新しいシャドーバンク」、米国のウォーレン議員が規制強化に言及
仮想通貨取引所コインベースプロでのUSDT上場、テザーCTO「コミュニティを拡大する新たな1歩」
仮想通貨取引所バイナンス、テスラの株式トークン取引開始 100分の1単位で売買可能に

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧