最高値更新のBTC、どこまで上昇する? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

access_time create folder政治・経済・社会
最高値更新のBTC、どこまで上昇する? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

 

BTC/USDT

ビットコインは10月19日にレジスタンスとして機能していた62,933ドルを突破し、それに続いて今日も急激な上昇を見せ、4月14日に作られた前回の史上最高値である64,854ドルを上回る価格を突きつけた。

最高値更新のBTC、どこまで上昇する? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

もし強気派が64,854ドルのブレイクアウトレベルの上で価格を維持すれば、強気のモメンタムはさらに高まる可能性がある。この流れで、75,000ドルのレジスタンスまで上昇する可能性がある。

ここ数日の急激な上昇により、相対力指数(RSI)が78を超えており、短期的には上昇が行き過ぎている可能性を示唆している。これにより、数日間の調整または小幅な調整が行われるかもしれない。

現在のレベルから強気の姿勢を崩さなければ、上昇トレンドの継続が見通せる。

下降局面で注目すべき重要なレベルは60,000ドルだ。このサポートを割り込んでクローズした場合、トレーダーが積極的に上のレベルで利益を計上していることを示す最初のサインとなるだろう。

ETH/USDT

イーサは、10月19日に逆三尊パターンのネックラインから反発し、このサポートへ押し目で強気派の買いが入っていることを示唆している。強力な買いによって、今日は4,027.88ドルの直上のレジスタンスを超えて価格が押し上げられた。

最高値更新のBTC、どこまで上昇する? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

上昇中の移動平均線とRSIがプラスの領域にあることは、強気派に有利であることを示している。もし強気派が4,027.88ドル以上の価格を維持するならば、ETH/USDTペアは4,372.72ドルの史上最高値まで上昇する可能性がある。

このレベルは再び硬いレジスタンスとなる可能性があるが、強気派がこのハードルをクリアすれば、パターンターゲットである4,657ドルに到達し、さらに心理的レベルである5,000ドルに挑戦するだろう。

ただし、現在のレベルから下降して3,200ドルを割り込んだ場合は、このポジティブな見方は無効となる。

XRP/USDT

XRPは10月18日と19日にはらみ足のローソク足パターンを形成し、強気派と弱気派の間での優柔不断さを示唆した。この不確実性は今日、1.10ドルを上抜けしたことで上向きに解消された。

最高値更新のBTC、どこまで上昇する? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

強気派は今後、価格をダウントレンドラインの上に押し上げようとするだろう。もし彼らがそれに成功すれば、XRP/USDTペアは1.24ドルまで上昇する可能性があり、このレジスタンスを越えれば、次のストップは1.41ドルの重要なレベルになる。

価格がダウントレンドラインから下降に転じると、同ペアは再び1ドルまで下落する可能性が出てくる。このサポートを下にブレイクしてクローズすると、弱気のディセンディングトライアングルパターンが完成し、0.85ドルまで下落するかもしれない。

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。


関連記事リンク(外部サイト)

ビットコインETF上場で今後の行方は? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
700万円突破のBTC、次の展開は? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
BTCは好調維持 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧