『ロンハー』、過去の出演者にモザイク処理が施され視聴者騒然「犯罪とか不倫した人?」

access_time create folderエンタメ
『ロンハー』、過去の出演者にモザイク処理が施され視聴者騒然「犯罪とか不倫した人?」

画像:時事

19日に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系列)。

「女性芸能人スポーツテスト 歴代記録勝手にNo.1決定戦 2時間SP」と題して放送された今回。

過去に出演した「スポーツテスト」の名場面を振り返りますが、その中にモザイク処理された人物が映り込んでおり、視聴者が騒然としています。

『ロンハー』、過去の出演者にモザイク処理で視聴者騒然

19日に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系列)。

「女性芸能人スポーツテスト 歴代記録勝手にNo.1決定戦 2時間SP」と題して放送された今回。

過去に出演した「スポーツテスト」の名場面を振り返り、歴代のグラビアタレントがズラリ。

上体そらしや走り高跳びなどの名場面や珍場面が放送される中、陸上の花形種目・リレーの名場面集に移ります。

国生さゆりさんらアダルトチームと、misonoさんらヤングチームがリレーで対決した模様を放送。

ゴール手前で国生さんが転倒し、青いはちまきをしたアダルトチームのメンバーが国生さんをなぐさめる中、田村淳さん(ロンドンブーツ1号2号)は笑いをこらえきれず、「笑っちゃいけないのは分かってるんですが」としながらも大笑いする様子が映し出されます。

スタジオから「サイテー」というツッコミが入ると同時に、当時のアダルトチームメンバーからも総攻めに合う田村さん。

しかし、田村さんの腕を軽く小突いた、Vネック・短パンの体操着姿の人物は、画面中央にいるにもかかわらずモザイクがかかっており、誰なのかはっきりしません。

視聴者からは

《ロンハーぼかし入った人誰よ?》

《え?モザイク?なんで?めっちゃ真ん中にいるのに》

《なんでモザイク処理?犯罪とか不倫した人?》

など、モザイク処理された人物が誰なのか気になる視聴者からの書き込みが殺到しました。

ネット上では特定合戦の末、元グラドルの森下千里でほぼ確定

ミディアムヘアでおでこを見せ、スラリとしたやや長身の人物を巡り、ツイッター上は早速「特定」する展開に。

タレントの矢口真里さんや元タレントの木下優樹菜さんという意見も見られましたが、多くの視聴者は元グラビアアイドルの森下千里さんではないかとしています。

実際に、番組内で放送当時の参加者の総合結果内に森下さんの名前があり、木下さんなどの名前は見られなかったので、ほぼほぼ森下さんで間違い無いと思われます。

しかし、犯罪すれすれの黒い噂のある人や自粛した人へのモザイクはなかったため、なぜわざわざモザイク処理を施したのでしょうか。

森下さんといえば、「雌豹ポーズをさせたらナンバーワン」と言われるほどに均整の取れたプロポーションで、芸能界にもファンが多いことでも知られています。

しかし、2019年をもって芸能界を引退し、10月末の衆議院選挙で、自民党公認候補として宮城5区から立候補。

視聴者は

《モザイクの人、森下千里らしい。 選挙に出るけぇモザイクだったっぽい》

《選挙もあるけど、もう既に芸能界引退している人だからさ。。。》

《集団で映ってるところまで規制しなければいけないのはどうなんだろう》

《選挙出てるからなんだね。他の色々あった?人たち、普通に映ってたもんね》

など、番組側がモザイクをかけたのは「選挙期間中だから」などと推察している視聴者が多いようです。

同番組の結果が選挙結果に大きな影響を及ぼすと判断したのかまではわかりませんが、諸般の事情でモザイクがかかったことだけは確かのようです。

(文:Quick Timez編集部)

関連記事リンク(外部サイト)

熊田曜子「元気じゃないよ」自身をめぐる自虐ネタを披露し楽屋の空気が凍りつく事態に
高橋みなみ、旦那のありえない行為に視聴者ドン引き「汚すぎて無理」「よく一緒に暮らせるな」
ダイアン津田、渋谷凪咲との対談で浮気がバレる?「疑われるようなことしました?」の質問に驚きの回答
元℃-ute鈴木愛理、『チャンスの時間』初登場もカメラに映らなかったワケとは?
加護亜依、ボディラインがくっきりと出る綾波レイのコスプレを披露しファン歓喜「くびれがすごい」

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧