ビットコインETF 「現物」の方は?【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコインETF 「現物」の方は?【仮想通貨相場】

 

著者 クラーケン・インテリジェンス

クラーケン・インテリジェンス(Kraken Intelligence)は、クラーケンのリサーチ・チームであり、事実とデータに基づく仮想通貨関連の本質的で実用的なレポートの配信を目指している。伝統的な金融市場と仮想通貨市場の双方での知見を活かし、毎日の相場分析メモであるOTC Dailyや月間レポートなどで、最新の業界動向についてコンテンツを生み出している。

米国初のビットコイン先物ETFの初日取引を受けて、ビットコインは米ドル建ての過去最高値更新に向けて推移している。

米資産運用会社ProSharesが申請したビットコイン先物ETFは、10月19日にニューヨーク証券取引所のArcaに上場。初日の取引高は10億ドルを突破し、ETF史上でも過去最高レベルの滑り出しとなった。

ビットコインのマーケットを見てみると、足元で長期保有者が増加しており市場に出回るビットコインの供給量が減少。何かのきっかけで上振れしやすい展開だった。そうした中で、今週、ビットコイン先物ETFの承認というニュースが飛び込んできた。

古いコイン(赤)と若いコイン(青) 出典:Kraken Intelligence, Glassnode

「古いコイン(Old coins)」は、6ヵ月〜5年動いていないコイン。歴史的に弱気相場での蓄積を狙う長期保有者が多い。長期保有して、強気相場が頂点に到達したと考えるときに売ろうとする傾向がある。

一方、「若いコイン(Young coins)」は、0〜6ヵ月動いていないコイン。若いコイン(0〜6ヵ月):トレーダーやビットコインを支払い手段として使う短期保有者が多い。

直近では「古いコイン」の割合が増えてきているのが分かる。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

ビットコイン、やっぱり2013年強気相場に似てる?【仮想通貨相場】
ビットコインETF承認のフラグ?高まるモメンタム【仮想通貨相場】
ビットコインマイニング 米国が世界一シェア獲得 環境問題で追い風か【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧