ビットコイン先物ETF、デビュー初日の取引高は10億ドル強に

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコイン先物ETF、デビュー初日の取引高は10億ドル強に

 

プロシェアーズのビットコイン戦略上場投資信託(BITO)は、取引初日で取引高が10億ドル強にまで達した。

この取引高はETFとして全体で2番目の大きさとなる。ブラックロックのUSカーボン・トランジション・レディネスETFが4月のデビュー時に11億6000万ドルを記録した。

プロシェアーズのビットコイン先物ベースのETFは、10月19日にニューヨーク証券取引所で40.88ドルで取引を開始した。TradingViewのデータによると、BITOは41.94ドルで取引を終え、計243億1300万株が取引され、初日の出来高は10億ドル強となった。

ブルームバーグのシニアETFアナリストであるエリック・バルチュナス氏は、BITOの初日のパフォーマンスについてコメントし、プロシェアーズのETFは、「自然で」かつ「草の根の関心」の点で間違いなく最大だとツイートした。

バルチュナス氏は、ブラックロックのUSカーボン・トランジション・レディネスETF(LCTU)の4月の取引高は「事前に計画された巨大投資家」によって進められたため「不自然」だと指摘している。LCTUの1日あたりの取引高は、取引開始後数日で200万ドル~600万ドルにまで減少した。

プロシェアーズの強気のパフォーマンスは、仮想通貨セクターにとって重要なマイルストーンとなったが、バルチュナス氏は他の会社が独自のビットコイン先物ETFを立ち上げることに影響を与える可能性があると警告している。

「今日のもう1つの結果は、次のインラインETFが成功するのがはるかに難しくなったことだ。時間が重要だ。ETFが1つしかなく、そこに大量の流動性が日々流入することになれば、そこから盗むことは事実上不可能になるだろう」

プロシェアーズがETFを立ち上げた後、米証券取引委員会(SEC)のゲイリー・ゲンスラー委員長は、BTCのスポット価格ではなく、ビットコイン先物をベースにしたETFを支持する理由について次のように説明している。

「BTC先物は過去4年間、SECの姉妹機関である商品先物取引委員会(CFTC)によって監督されてきた。過去4年間、連邦政府の規制当局によって監督されてきたものが、1940年の投資会社法によってSECの管轄下にまとめられている」という。

ヴァルキリーのビットコイン先物ETFは、BITOに次ぐ2番目のETFになる予定だ。週内にも取引がスタートするとみられている。

 


関連記事リンク(外部サイト)

BITOが初日から記録的取引高 BTC対ドルは史上最高値目前【仮想通貨相場】
ビットコインの時価総額、過去最高を更新
「米ドル準備金をデジタル資産に置き換えることを目指す」=ロシア副大臣

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧