エルサルバドル、ChivoアプリでのBTC価格凍結機能を削除へ | 裁定取引による「鞘取り」を防ぐため

access_time create folder政治・経済・社会
エルサルバドル、ChivoアプリでのBTC価格凍結機能を削除へ | 裁定取引による「鞘取り」を防ぐため

 

エルサルバドル政府は、デジタルウォレット「Chivo」のユーザーが価格凍結機能を利用して、裁定取引で利益を得ようとするのを防ぐように動いた。

10月19日、Chivoのツイッターアカウントは、ウォレットのユーザーが価格凍結機能を裁定取引を利用できないように、このオプションを無効にするという。この価格凍結機能は、アプリでのビットコイン価格を1分間維持することができるというものだ。

ビットコイン価格が大幅に変動する時に、トレーダーがこの価格凍結機能を利用して、ほかの仮想通貨取引プラットフォーム間で裁定取引を通じて鞘取りをしているとChivoは指摘した。価格凍結機能でトレーダーはほかの取引所との価格ギャップを利用し、ライトニングネットワークを使用して資産をすばやくい移動させたと、Chivoは説明している。

「実行された”スキャルピング”は、Chivoがレートを1分間凍結できることを利用し、ビットコインの価格が乱高下したときに、その1分間を利用して他の取引所のレートと比較していた」

この高頻度の鞘取り取引は法的な違法なわけではないが、Chivoはこの価格凍結機能を行った裁定取引を行ったトレーダーのことを「詐欺」を通じて「無限の」利益を引き出していたと非難している。

将来的にChivoはこの価格機能を削除し、ビットコイントレーダーにリアルタイムの価格を提供する予定だ。

9月7日、エルサルバドル政府は、ビットコインを法定通貨とする法律を施行した

エルサルバドルの人々は、米ドルをビットコインに交換するペースを加速させているようだ。ブケレ大統領によれば、Chivoは10月14日に1日で300万ドル相当の取引があったとツイートしている。

 


関連記事リンク(外部サイト)

エルサルバドル政府、ビットコイン信託からの利益を活用して動物病院を建設へ
エルサルバドル、BTC支払いで1ガロンあたり0.20ドルの燃料補助金を導入
3分の1のエルサルバドル人がChivoウォレットを使用=大統領

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧