ワインのサブスク「ポケットソムリエ」が、WEBサービス「ハレトケ」で会員限定クーポンの提供を開始

access_time create folderグルメ
ワインのサブスク「ポケットソムリエ」が、WEBサービス「ハレトケ」で会員限定クーポンの提供を開始

ワインのサブスク『Pocket Sommelier(ポケットソムリエ)』

ワインのサブスク『Pocket Sommelier(ポケットソムリエ)』

ポケットソムリエは、好みや予算などを入力するだけで、ワインのプロが利用者の専属のソムリエのように要望にあったワインをセレクトし、自宅までお届けするワインのサブスクリプション。ワインに興味はあるが自分でワインを選べない、ワインが好きだが自分で選ぶのが面倒、自分の知らない自分好みのワインに出会いたいという方が、簡単手軽に最適なワインを購入することができるというサービスです。
ポケットソムリエでは、ワインを知りたい・たのしみたいと思うすべての方に、感動するワインとの出会いを提供し、ワインによって生み出される価値ある“つながり“や”時間“を届けることを目指すといいます。

>>「ポケットソムリエ」サイト

「ハレトケ」でサービスをお得に利用できるクーポンの提供を開始

「ハレトケ」でサービスをお得に利用できるクーポンの提供を開始

「ハレトケ」は、主にミレニアル世代の女性の毎日を応援するWEBサービス。無料で会員登録をすると特典(クーポン)が得られ、美容・インテリア・キャリアなど毎日を豊かにするサービスや、家事代行・子育て・女性の健康など、毎日の課題を解決するサービスを試すことができます。
このようなコンセプトに共感したAPERITEが「ハレトケ」に協賛し、『Pocket Sommelier(ポケットソムリエ)』でワインのサブスク購入時に利用できるクーポンの提供を開始。ハレトケ会員のみが受け取る事ができるクーポンをポケットソムリエで利用することで、定期購入を初月10%OFFでたのしむことができます。更にポケットソムリエでは、初めての定期購入利用時は50%OFFとなるため、ハレトケの特典クーポンと併用すると初月60%OFFでお得に利用することが可能です。
このお得な特典を利用して、自分好みのワインと出会うチャンスを増やしてみてはいかがでしょうか。

「ハレトケ」でサービスをお得に利用できるクーポンの提供を開始

>>ハレトケ内「ポケットソムリエ」ページ

APERITE(アペリテ)について

APERITE(アペリテ)について

APERITE(アペリテ)は、テクノロジーを使ってワインのたのしみ方を進化させる、ワイン×ITのスタートアップ。日本国内ワイン市場は、ここ十年間で右肩上がりの成長を実現しているとされ、ワインがメジャーなお酒として古くから確立している欧州などと比較すると、日本におけるワインにはまだまだ発展の余地があるとAPERITEはいいます。
ワインがもっと日常的に親しまれ、ワインを好きになる人がさらに増えるために得意分野のテクノロジーを利用してできることはないか、と考えたのがAPERITEの始まりなのだそう。
APERITEは、「テクノロジーとワインを融合させることで、ワインが人へ、そして世の中へもたらす価値を最大化していくことを目指します。そして、その結果、既存のアプローチではリーチできなかった新たな市場を開拓し、国内のワイン市場やワイン業界全体へと貢献していきます。」とコメントしています。

会社概要

会社名:株式会社APERITE
所在地:東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
事業内容:オンラインパーソナルソムリエサービス「Pocket Sommelier(ポケットソムリエ)」の開発・運用

>>会社ホームページ

※今回お届けした情報は記事執筆時点のものです。ご利用の際は状況が異なる場合がありますのでご注意ください


関連記事リンク(外部サイト)

レストランさながらのクオリティーを自宅で!「ヴーヴ・クリコおうちでシェフズテーブル」が予約受付を開始
【甲州ぶどう100%使用】の国産ワイン「Shizen Sparkling Koshu2017」登場
135年の伝統を持つフランスのリキュール・メーカー「ジファール」が、新ラインナップを揃え日本再上陸

access_time create folderグルメ
local_offer
たのしいお酒.jp

たのしいお酒.jp

「お酒の楽しさ」がみつかる、シニアソムリエ監修サイトのたのしいお酒.jp。お酒の魅力、楽しみ方や造り手の思いをお伝えします。イベントや最新ニュース、豆知識、飲食店やキャンペーン情報など、様々なお酒の楽しみを広げる情報を揃えています。

ウェブサイト: https://tanoshiiosake.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧