飯能市立博物館で特別展「飯能縄市 ~近世の市と市街地の発展~」開催

access_time create folder生活・趣味


飯能市立博物館は、10月17日(日)~12月12日(日)まで特別展「飯能縄市 ~近世の市と市街地の発展~」を開催する。

明治の飯能の大通りをジオラマで再現


同展は、飯能の中心市街地の歴史を振り返ることにより、飯能の町の魅力を再発見してもらうを目的としている。

飯能の市街地の起源は、1700年代中頃に現在の大通りで開かれた定期市「飯能縄市」に遡る。「縄市」といわれたのは、縄やの取引から始まったからといわれている。


「飯能縄市」は月6回開かれ、その日は、近隣から商人や村に住んでいる人たちが集まり賑わっていた。しかし、江戸時代の飯能縄市の具体的な姿はよく分かっていない。

そこで、群馬県高崎市の室田や埼玉県小川町の小川の「市」の様子を描いた絵図や、「市」の境に立てられる「市杭」(群馬県中之条町)などを展示することで、江戸時代の「市」の様子をイメージできるよう、また、明治44(1911)年12月に撮影された飯能の大通りをジオラマで再現し、今から110年前の飯能の町の賑やかな様子を展示する。

同展は飯能市立博物館特別展示室・展示ホールで開催され入館無料だ。

開館時間は9:00~17:00(入館は16:30まで)。休館日は月曜日、11月4日(木)、11月24日(水)だ。

「飯能縄市 ~近世の市と市街地の発展~」で、飯能の町の魅力を再発見してみては。

■「飯能縄市 ~近世の市と市街地の発展~」
会場:飯能市立博物館特別展示室・展示ホール

access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧