なにわ男子、『Mステ』初パフォーマンスで口パク論争が勃発「口パク練習しろ」

access_time create folderエンタメ
なにわ男子、『Mステ』初パフォーマンスで口パク論争が勃発「口パク練習しろ」

画像:時事

15日に放送された「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)。

アイドルグループのなにわ男子が登場したのですが、その歌唱シーンがネット上で“ある論争”となっています。

どのような歌唱だったのでしょうか?

単独初出演のなにわ男子が口パク?

15日に放送された「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)。

この日は番組開始35周年を記念した4時間SPの内容となっており、ディズニー好きのアーティストが厳選した過去35年間の『ディズニーソングランキング』や、視聴者37000人が選んだ『神曲ランキング』などをVTR形式で紹介。

さらに、スタジオではアイドルグループ・V6が番組最後の出演となるメドレーを披露した他、歌手の郷ひろみさんは放送中に視聴者生投票を行い、投票数が多かった上位3曲をスタジオ生パフォーマンスする“ひろみ5択”を行ったことで大変話題となりました。

そんな中、ネット上で特に話題となっていたのがジャニーズアイドルグループ・なにわ男子による歌唱シーン。

来月の11月12日にCDデビューを予定しているなにわ男子がファーストシングル『初心LOVE』を音楽番組初披露しました。

デビューシングルのTV初披露ということもあり、本人たちにとっても記念すべき歌唱でしたが、ネットでは“ジャニーズアイドル恒例”とも言える「口パク疑惑」の声が。

実際にリアルタイムで放送を見ていた視聴者からは、

なにわ男子歌下手なんだから口パクくらい練習しろよw

なにわ男子、、口パクのズレが酷くてなんか悲しくなって録画とばしちゃったよ。口パクするなら口パクが気にならないくらいには練習して欲しいね、、

なにわ男子口パクするんだったら口パク練習した方がいいよ!

なにわ男子って生歌で歌ったことあるの?何回か見たけどいつも口パクなような。しかも口パクが下手。せめて口パクの練習した方がいいのでは…

など、口パクを指摘するだけでなく“口パクが下手”“口パクの練習をしろ”といった新しい批判も。

これに対してSNS上ではファンが応戦する形となってしまい、

なにわ男子に親でも殺されたんかなぐらい口パク批判しつこいやん

なにわ男子口パクじゃん。って叩いてる人。そいつらに物申す。お前らは歌いながら笑顔で踊れるのか?どうせ出来ないのに叩くなよ。

なんか、なにわ男子口パク〜って言ってる人おるけど、どうせ生歌で歌ったら下手〜とか言うんやろ?

など、ファンとアンチが互いを叩き合ってしまうことで“口パク論争”が激化してしまったのでした。

“口パク疑惑”は他アーティストにも…

この日は出演者が多かったこともあってか、他の出演アーティストも同様の指摘をされており、

アイドルじゃないLisaさんでも口パクすることあるんだ……

櫻坂46安定のわかりやすすぎる口パク祭りやしもはや生歌で歌う気はないんやろな

ランペのMステ口パク

V6のTake Me Higher楽しみにしてたのに口パクは酷すぎる

Hey!Say!JUMP口パクへたすぎちゃう?

など、先輩ジャニーズアイドルのV6やHey!Say!JUMP、女性アイドルグループの櫻坂46、ダンス&ボーカルグループのTHE RAMPAGE、歌手のLiSAなどが口パクの疑惑をかけられていました。

統計的にはダンスをしながら歌唱するアーティストや、マイクを離した歌い方をする歌手がその疑いをかけられる傾向にあるようです

生放送でのパフォーマンスにこだわる番組なだけに、一部では確かにそういったリスクヘッジを取っているのかもしれません。

とはいえネット上で批判や粗探しのようなことばかりせず、純粋に番組を楽しめる人が増えると良いですね。

(文:Quick Timez編集部)

関連記事リンク(外部サイト)

河合郁人「3万しか入ってない…」木村拓哉の愛用品を爆買いするもお金が足りずスタッフから貸りる事態に
キスマイ二階堂高嗣、生まれ変わっても「自分になりたい」と発言し共演者から猛ツッコミ
堂本剛「いまだに難しいんです、この曲」デビュー曲『硝子の少年』に苦戦していると明かし木村拓哉も驚愕
三宅健、AVをめぐり「観ますよ」と真顔で回答…その驚きの理由にファンら複雑な心境
三宅健、酔っ払って暴言を連発し松本人志も思わず「飲み過ぎや!」と猛ツッコミ

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧