「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会「2021 リーグ・オブ・レジェンド World Championship」開催中!

access_time create folderゲーム
「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会「2021 リーグ・オブ・レジェンド World Championship」開催中!

 

Riot Games, Inc. の日本法人である合同会社ライアットゲームズが開発、運営する「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会がアイスランドにあるレイキャビックにて日本時間10月5日から11月6日の約1ヶ月かけて開催されます。

今大会は、新型コロナウィルスの対策として、無観客形式での実施が決定されています。

2021 リーグ・オブ・レジェンド World Championship 大会概要

大会概要
開催地
レイキャビク(アイスランド)
会場
Laugardalshöll インドアスポーツアリーナ ホールA
日程
開催期間:10月5日~11月6日(日本時間)
プレイイン :10月5日~9日
グループ :10月11日~13日、10月15日~18日
準々決勝 :10月22日~25日
準決勝 :10月30日~10月31日
決勝 :11月6日

2021 リーグ・オブ・レジェンド World Championship 大会形式

世界各地から全22チームが集結し、「プレイイン」、「グループ」そして「ノックアウト」という3つのステージがあり、プレイインステージでは各10チームが2つのグループに分かれて対戦し、各グループの上位2チームの計4チームがグループステージに進出します。

グループステージは、中国、韓国、ヨーロッパ、北米、東南アジアから直接参加する12チームとプレイイン抜けした4チームを合わせ、16チーム4グループに分かれて行われます。


 – YouTube
 – YouTube

先日9月22日に、こちらのチャンネルにてプレインステージとグループステージの組み分けが行われました。

プレイインステージは2回、グループステージは1回のみ行われます。
プレイインステージ:ラウンド1では、10チームは2つのグループに分けられ、トーナメント形式で試合をし、各試合Bo1で進行します。
各グループの1位はグループステージに進み、他の2~4位のチームは、プレイイン:ラウンド2に進み、各グループ最下位のチームはその場で敗退が決定します。

プレイインステージ:ラウンド2では、同じくトーナメント形式で試合をし、各試合Bo5で進行します。
2位のチームはシードになり、残りの3位、4位のチームが最初に試合をし、そこから勝ち上がったチームが2位のチームと対戦します。この試合で負けたチームは敗退となります。最終的にラウンド1で勝ち上がった2チームとラウンド2を勝ち上がった2チームの計4チームがグループトーナメントに進出します。

グループステージでは、総当たり形式で行われ、各試合Bo1、各グループ上位2チームが、ノックアウトステージに進出することができます。

また、試合の様子は、Twich、YouTubeなどの各配信サイトにて視聴することができます。言語別での配信などもありますので、他言語に興味がある方はそちらもチェックしてみてください。
それでは、GLHF.

© Riot Games, Inc.

関連記事リンク(外部サイト)

ロジクールが「リーグ・オブ・レジェンド」とコラボレーションしたゲーミングデバイス第2弾を発表!
LoLのクレカが!「リーグ・オブ・レジェンド eスポーツ Mastercard」第2弾限定デザインが登場!カードデザインは「アフェリオス」
LoLの新イベント「光の番人- Sentinels of Light -」が開催決定!Twitterにはスプラッシュアートも公開!

access_time create folderゲーム
local_offer
funglr Games

funglr Games

eスポーツニュースメディアのファングラーゲームズはeスポーツの最新情報を発信しています。eスポーツの最新ニュースや業界動向、esportsイベントレポート、ゲーミングデバイス紹介、各レビューなど。

ウェブサイト: https://funglr.games/ja/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧