カンニング竹山、佳子さまの『ジェンダー平等』発言に殺到する批判にブチギレ

access_time create folderエンタメ
カンニング竹山、佳子さまの『ジェンダー平等』発言に殺到する批判にブチギレ

画像:時事

秋篠宮家次女・佳子さまがガールズスカウトのイベントで「ジェンダー平等」に言及されたことをに対し、批判の声が上がっていることを特集した11日の「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

この批判の声に、MCカンニング・竹山隆範さんが怒りをあらわにするシーンがありました。

カンニング竹山、佳子さまに相次ぐ批判の声を一蹴「時間のムダ」

11日、秋篠宮家次女・佳子さまの発言にネット上で批判的な書き込みが殺到していることを特集した「ABEMA Prime」(AbemaTV)。

その特集に際し、MCカンニング・竹山隆範さんが書き込みを行うネットユーザーを一蹴するシーンがありました。

ガールズスカウトのイベントで「ジェンダー平等」という多様性に言及された佳子さま。

すると「Yahoo!ニュース」のコメント、通称「ヤフコメ」では「そういう問題に触れない方がいい」、「男子の皇位継承にも言及してください」などと佳子さまの発言を問題視する書き込みが多く見られたのでした。

これに竹山さんは「なーんにも間違ってないと思いますけどね。騒ぐことでもなんでもないと思いますよ」と切り出すと、「騒ぐ人のことをこうやって話し合わなきゃいけないことこそ、時間のムダだと思いますけど」、「まったく別問題ですよね?」とヤフコメを一蹴。

そして、「ネットのこういう番組やってて、あまり言うことじゃないのかもしれないですけど…」と前置きして「本当に議論の余地もないと思うんですよ」とバッサリ。

またその後、竹山さんは書き込みを行っているネットユーザーにも言及し、「至って真面目に書き込みした人がいらっしゃったのならば、その人と何話しても同じですよ。何も理解できないわけだし」と話し合いですら不可能とコメントしました。

「ムダは同意する」竹山に共感の声も

佳子さまを批判するネットの声に対し、「時間のムダ」とコメントした竹山隆範さん。

その後も「これをうちの番組が取り上げてますけど、取り上げても何にもならないと思うんですよ」、「少数意見を『さもありなん』みたいな感じでどうたらこうたら言ってるけど、そんなことやる暇なんにもないし」と批判の声へ厳しい意見を述べ続けました。

ただもちろん、この竹山さんの言葉に反発が相次いだのだとか。

「先日、ヤフコメの書き込み規制などがテレビの情報番組でも話題になりましたが、そのデリケートになっているところへこの言葉。『おまえがコメントしている番組もムダ』、『竹山自身に価値などなんにもないけどなw』という書き込みがネット上で殺到。竹山さんはこれまでも政治的な発言をめぐって炎上してきましたが、いつも以上に批判的なコメントを受ける事態になってしまった気がします」(テレビウォッチャー)

しかし、ネットユーザーの中にはどのような言葉でも書き込めてしまう「ネット上の意見」に不安を感じている人物もいるよう。

竹山さんの持論に、「ヤフコメ民は逆ギレすんなよ。だから竹山の言う『ムダ』には同意できるんだよな」などと、竹山さんのコメントを支持し、批判的な声に冷静さを求めるといった意見も散見されました。

問題の発端となった記事に寄せられた、「ここの家族はハチャメチャだな」などの記事の内容とは無関係の誹謗中傷の声。

確かにそれを拾い上げ、議論するというのは竹山さんのコメント通りキリがないことなのかもしれません。

(文:有馬翔平)

関連記事リンク(外部サイト)

ケンコバ「肩身狭くなるのはおかしい」スーパーマンの両性愛者騒動に持論
オードリー若林、ティモンディ前田からの質問に「お笑いをやめよう」と思った過去を明かす
女子ボクシング・入江聖奈選手、オードリー若林のサイコパスエピソードに歓喜
田中みな実「復縁できると思って何でもした」藤森慎吾との復縁を願い課金までした姿に共感の声
加藤浩次「いじられ方の問題」群馬県知事の法的措置検討に反論

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧