VAIOがメインストリーム機種「VAIO SX12」「VAIO SX14」新モデルを発売 設立7周年を記念した“勝色特別仕様”モデルも

access_time create folderデジタル・IT

VAIOは10月13日、個人向けモバイルPCのメインストリームライン「VAIO SX12」「VAIO SX14」新モデルを発売しました。同日から受注を開始し、10月22日から出荷を予定しています。

フラッグシップモデル「VAIO Z」で培った機能とデザインを継承し、立体成型カーボン天板を採用。軽量化と剛性アップを実現しています。

VAIO SX14は14.0型液晶を搭載し、本体サイズが約W320.4×D222.9×H17.9mm(最厚部)、重量は約999gから。

VAIO SX12は12.5型液晶を搭載し、本体サイズが約W287.9×D205.0×H17.9mm(最厚部)、重量は約887gから。いずれも前モデルとほぼ変わらないサイズ、重量でバッテリー駆動時間は約30時間に向上しています。

最新OSのWindows 11をプリインストール。第11世代インテル Coreプロセッサーとインテル Iris Xeグラフィックス搭載で第四世代ハイスピードSSD(PCIe Gen.4)が選択可能になり、様々な作業の処理速度を飛躍的に向上しています。

インタフェースも充実。2基のUSB Type-Cポートは、転送速度が最大40GbpsのThunderbolt 4/USB 4とUSB Power Delivery、DisplayPort 1.4に対応し、USB Type-Aポートを左右に1基ずつ、有線LANポート、HDMIポート、ステレオミニ端子を搭載します。

オンライン会議に向くマイク、スピーカー、カメラを搭載。AIノイズキャンセリング機能によりノイズをカット、独自に最適化したDolby Atmosにより、音声だけを聞きやすくするエフェクトを適用できます。

キーボードはフルピッチ(約19mm)、約1.5mmの深いキーストロークを採用。心地よい打鍵感を実現しています。

価格はオープンで、VAIO SX14はソニーマーケティング取扱いの個人向けカスタマイズモデルが13万3100円(税込)から、全国量販店取扱いの個人向け標準仕様モデルが19万9800円(税込)から、VAIO取扱いの個人向けカスタマイズモデルが14万1900円(税込)から。VAIO SX12はソニーマーケティング取扱いの個人向けカスタマイズモデルが13万3100円(税込)から、全国量販店取扱いの個人向け標準仕様モデルが17万9800円(税込)から、VAIO取扱いの個人向けカスタマイズモデルが14万1900円(税込)から。

プレミアムエディションとして、天面にカーボンファイバーのテクスチャーを施したブラック塗装で、キーは隠し刻印が選べる「ALL BLACK EDITION」、VAIO設立7周年を記念して、かつて縁起色として武具にも多く用いられてきた深く濃い藍色「勝色(かちいろ)」に本体を染め上げた「勝色特別仕様」モデルも販売します。

9月28日には先行して、手ごろな価格帯でAMD製プロセッサ―搭載の「VAIO FL15」を発売しています。

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧