田中みな実「復縁できると思って何でもした」藤森慎吾との復縁を願い課金までした姿に共感の声

access_time create folderエンタメ
田中みな実「復縁できると思って何でもした」藤森慎吾との復縁を願い課金までした姿に共感の声

画像:時事

12日に放送された「グータンヌーボ2」(関西テレビ)。

フリーアナウンサーの田中みな実さんがMCとして出演しました。

オリエンタルラジオ・藤森慎吾さんとの破局後、復縁を強く願ったことや時間薬が癒してくれたことを語り、視聴者からは共感の声が続々と寄せられました。

田中みな実、藤森慎吾との復縁を願い課金まで!立ち直りまで2年費やす

フリーアナウンサーの田中みな実さんがMCとして出演しました。

モデルでタレントのIVANさんが、半年ほど前に3年半付き合ったのちに破局した恋愛について語りはじめると、田中さんは「みんなが知ってる公の関係からの、お別れする、ってめっちゃ辛くないですか?」と質問。

IVANさんが「つらいですよね」と返すと、田中さんも「辛かったー」と打ち明け、過去に交際し破局した藤森慎吾さんとの恋愛の話に持っていきます。

立ち直るのにどのくらいかかったのか聞かれると「私も3年半付き合って…(立ち直るのに)2年かかった」と告白。

周囲からの慰めや助言を「そこまで困ってないから」という気持ちで聞き入れる気にはなれず、その代わりにお寺や占いにハマり「復縁できるとされたことはなんでもした」と、4万円もの大金を払い、すがってでも復縁したかった胸中を明かしました。

「復縁は結局しなくて、月並みだけど時間が解決してくれた」と、時間に勝る解決法はないと田中さんは断言。

失恋で落ち込んだり、占いにすがると語った田中さんの発言を受け、視聴者からは

《田中みな実さんも復縁願って大変だったんだね》

《本当、時間薬ってあるよね》

《失恋のあとすごい頑張って偉かった》

など、著名人でも失恋の痛みはさして変わらないのだと、共感や応援の声が続々と寄せられました。

田中みな実、藤森慎吾との復縁の可能性は?

番組共演がきっかけとなり交際に発展した田中さんと藤森さん。

その共演も恋人設定ということや、見た目の美男美女ぶり、同棲して互いの両親にも紹介済みであったなど順超な交際からお似合いであるという声は、今でも根強く残っています。

藤森さんは、2020年2月にオリエンタルラジオのYouTubeチャンネルで「元カノと会って話したい♯YouTubeだと共演あるのかもね」と題して、コンビの傍らに美女がいるとカメラの収まりがいいことから、相方の中田敦彦さんに「元カノはどうだ」と打診されます。

藤森さんは「ないでしょ」と即答しつつも、「会うことにそんなに抵抗はない」、「話はしてみたいと思う」、「(自身の所属している事務所)吉本的には問題ないから相手の事務所さえOKならめちゃくちゃ会いたい」と話し、テレビでの共演はないが、YouTubeではそうした可能性があることを示唆しました。

藤森さんは、自身のYouTubeチャンネルでドライブデートトークという、2ショットでトークをする企画をしており、その企画に出演の打診をしてみる可能性も捨てきれません。

現在、YouTuberたちは、バズる動画を作るためのネタ作りに必死。

藤森さんは、先日更新した自身のドライブデートトーク内で「自分は(結婚を)したいけど20代の彼女がまだしたくない」、「子どもが早めに欲しい」と具体的な結婚観を述べ、テレビとは違い限りない素の自分をさらけ出しています。

一度は将来を誓い合うほどまでの深いお付き合いをしていた2人。

YouTubeでの共演がきっかけとなり、互いが抱えていたわだかまりなどが消化できれば、復縁とまではいかなくても素晴らしい親友としてお付き合いが復活するかもしれません。

(文:Quick Timez編集部)


関連記事リンク(外部サイト)

オードリー若林、ティモンディ前田からの質問に「お笑いをやめよう」と思った過去を明かす
女子ボクシング・入江聖奈選手、オードリー若林のサイコパスエピソードに歓喜
加藤浩次「いじられ方の問題」群馬県知事の法的措置検討に反論
さらば青春の光・森田、ダレノガレ明美のインスタフォロワーをめぐり「単体で145万人は多すぎる」
『水ダウ』、夫婦漫才師・ウェンズデイズがモザイクだらけの放送事故に「完全におっぱじめた」

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧