レアル、来夏の補強リスト上位はチェルシーと契約最終年のドイツ代表DFか

access_time create folderエンタメ

レアル、来夏の補強リスト上位はチェルシーと契約最終年のドイツ代表DFか
アントニオ・リュディガー 写真提供: Gettyimages

 レアル・マドリードがチェルシーに所属するドイツ代表DFアントニオ・リュディガーを獲得候補の上位に入れているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

 今夏に長らくセンターバックの主力として活躍したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとフランス代表DFラファエル・バランが揃ってクラブを去ったレアル・マドリード。バイエルン・ミュンヘンを退団したオーストリア代表DFダビド・アラバを獲得したものの、守備の強化が必至な状況となっている。

 そうしたなか、レアル・マドリードがリュディガーを獲得候補の上位に入れている理由をスペイン『マルカ』が指摘。リュディガーとチェルシーの現行契約は今季限りまでとなっており、契約延長交渉が難航していることから来夏にフリーでの獲得が可能になる状況で、財政難のレアル・マドリードにとってはポジティブな要素のようだ。

 また、現在28歳のリュディガーはキャリアの最盛期を迎えており、ドイツ代表としても48キャップを誇るなど経験豊富な点もプラスに働いているとのこと。ただ、来夏にフリーで獲得するか、安価で獲得可能な1月に補強を目指すかは今のとこと不透明だという。


関連記事リンク(外部サイト)

冨安健洋がSBとCBで出場可能な理由とは?他の選手にはない強みを現地メディア分析
退団濃厚のムバッペ後釜を探すPSG、ヴィオラと契約延長交渉破談の大型FWに関心?
【2021/22】セリエA全20クラブ別、選手年俸ランキング

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧