ビットコインマイニング 米国が世界一シェア獲得 環境問題で追い風か【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコインマイニング  米国が世界一シェア獲得  環境問題で追い風か【仮想通貨相場】

 

著者 クラーケン・インテリジェンス

クラーケン・インテリジェンス(Kraken Intelligence)は、クラーケンのリサーチ・チームであり、事実とデータに基づく仮想通貨関連の本質的で実用的なレポートの配信を目指している。伝統的な金融市場と仮想通貨市場の双方での知見を活かし、毎日の相場分析メモであるOTC Dailyや月間レポートなどで、最新の業界動向についてコンテンツを生み出している。

米国が、ビットコインのマイニングに必要な計算力を示すハッシュレートの国別シェアで、中国を抜いて世界一になった。ケンブリッジ大学(Centre for Alternative Finance)が最新のデータを公表したことから明らかになった。今年5月より中国のマイニング産業に対する規制が強化された結果、マイナーが中国から米国などに移動したという報道やSNSの投稿が相次いでいたためサプライズではないが、今回、この流れを正式に裏付ける形となった。

ビットコインハッシュレートの国別シェア  出典:ケンブリッジ大学

2021年5月は中国のハッシュレートは70.9%あったが、その後は急落して圏外に落ちた。代わりに米国のハッシュレートが2021年8月時点で42.7%と世界一になった。2位はカザフスタン、3位はロシアとなっている。

ハッシュレートは、ビットコインのマイニングにおける計算力を示す数値。これまで51%以上を中国が占めてきたことから「ビットコインは中国によってコントロールされている」といった批判もあった。中国がその気になれば「51%攻撃」によってビットコインの取引記録を改竄できるのではないかという懸念の声もあった。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

イーサリアム、6000ドル台が視野に?【仮想通貨相場】
ビットコインはキャズムを超えた? 高まるアニマルスピリッツ【仮想通貨相場】
背景は?ビットコイン時価総額1兆ドル回復【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧