『スタートレック』のカーク船長が宇宙から地球を眺める ブルーオリジン、ニューシェパードの打ち上げ成功

access_time create folderデジタル・IT

アメリカの大人気SFドラマ・映画『スタートレック』のカーク船長役、ウィリアム・シャトナー氏がついに宇宙へ行きました。民間宇宙企業ブルーオリジンは、日本時間10月13日午後11時49分、有人宇宙船「ニューシェパード」の打ち上げに成功しました。

テキサスにある発射場から打ち上げられるニューシェパード宇宙船(Credit: Blue Origin Webcast)

【▲ テキサスにある発射場から打ち上げられるニューシェパード宇宙船(Credit: Blue Origin Webcast)】

このミッションは「NS-18」と呼ばれており、シャトナー氏の他にも3名のクルーが搭乗しています。宇宙から帰還したシャトナー氏は、ブルーオリジンの創業者であるジェフ・ベゾス氏にその体験を熱く、感慨深く語っていました。シャトナー氏は「” Everyboday in the world needs to do this.”(地球上のみんながこの体験をする必要がある)」と述べました。なお、シャトナー氏は現在90歳であり、宇宙へ行った最高齢記録を更新。ブルーオリジンは今年7月の有人宇宙飛行「NS-16」においてウォーリー・ファンク氏の82歳という当時最高齢記録を樹立したばかりでした。

地球へ帰還後、ウィリアム・シャトナー氏(左)とジェフ・ベゾス氏(右)(Credit: Blue Origin Webcast)

【▲ 地球へ帰還後、ウィリアム・シャトナー氏(左)とジェフ・ベゾス氏(右)(Credit: Blue Origin Webcast)】

西テキサスにある同社のロケット発射場Launch Site Oneから打ち上げられた宇宙船は、推定で高度107kmに達しました。これにより、地球と宇宙の境目とされる高度100kmのカーマン・ラインを超えたことになります。ニューシェパード宇宙船は、人が乗り込む「カプセル」部分と燃料などを積み込む「ブースター」部分に分かれています。打ち上げから約7分後、ブースターが地球へ帰還し、見事な着陸を見せました。その後、打ち上げから10分15秒後、クルーをのせたカプセルが無事に着陸しました。

パラシュートを広げて地球へ帰還したニューシェパード宇宙船(Credit: Blue Origin Webcast)

【▲ パラシュートを広げて地球へ帰還したニューシェパード宇宙船(Credit: Blue Origin Webcast)】

このミッションでは、シャトナー氏の他に3人のクルーが搭乗しました。ブルーオリジンで飛行管制(フライトオペレーション)担当部のVPであるオードリー・パワーズ氏、衛星画像を提供する民間会社PlanetLabs社のクリス・ボシュイゼン氏、フランスのソフトウェア企業Dassault Systemsのグレン・デ・ブライス氏です。

ブルーオリジンによると、今年中にもう一度、有人宇宙飛行計画があるとしていますがその詳細については明らかにしていません。アメリカの宇宙開発誌Space Newsよると、12月ごろにニューシェパード最大の搭乗人数である6人を乗せて、打ち上げるかもしれないということです。

 

Image Credit: Blue Origin Webcast
Source: Blue Origin/Space News
文/出口隼詩


関連記事リンク(外部サイト)

世界の商業宇宙最前線 ~大貫美鈴の現地レポート第4回~ スペーステック・エキスポ2016~新宇宙レースをリードする新たなプレイヤー~
再利用ドラゴン補給船搭載「ファルコン9」打ち上げ実施! ロケット第1段は着陸
中国、月中継衛星「鵲橋」打ち上げ実施 裏側探査目指す

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧