米規制当局SECのゲンスラー委員長、「実際にはビットコインに賛成だ」=Volt Equity創業者

access_time create folder政治・経済・社会
米規制当局SECのゲンスラー委員長、「実際にはビットコインに賛成だ」=Volt Equity創業者

 

Volt Equityの創業者は、米国の規制当局がビットコイン(BTC)の上場投資信託(ETF)承認に時間をかけているのは正当な理由があると主張している。

Volt Equityの創業者兼CEOであるタッド・パーク氏は、ビットコインを追跡するETFに慎重な米証券取引委員会(SEC)の姿勢を支持すると語っている。

フォックス・ビジネスのインタビューで、パーク氏は、SECのゲイリー・ゲンスラー委員長が「実際にはビットコインに賛成」であり、米国の仮想通貨規制に関するゲンスラー氏の姿勢は「少し誤解されている」と主張した。

パーク氏は、SECの投資家保護の懸念について言及した。つまり、仮想通貨のカストディプロバイダーが適切に資産保護ができるかどうかが焦点になっているという。

「金ETFもしくはビットコインETFを持っているが、その金を地下室に保管しているとなれば、SECはそれを許可するだろうか?おそらく許可しないだろう。企業がそれらを保管できることを示し、ゲンスラーが具体的に言及した多くの問題に対処できない限り、それは実現しないだろう」

パーク氏は、現在SECに申請されている仮想通貨ETFの「少なくとも半分」は「ゲンスラーが言及している問題に対処していない」ため、認められないだろうと付け加えた。

パーク氏はまた、Volt Equityの仮想通貨ETFはビットコインに直接投資はせず、代わりにマイクロストラテジーやテスラ、スクエア、ツイッターなどのビットコイン関連企業やビットコインマイニング企業を対象にしていると強調した。

「私たちは人々が実際に求めているものを見つけようとしている。それはビットコインの価格変動との相関関係だ。これらの企業はビットコインに焦点を合わせており、収入や収益の多くがビットコインからのものだ。これらがビットコイン価格とともに動く傾向があるのは理にかなっている」と、パーク氏は述べている。

 


関連記事リンク(外部サイト)

仮想通貨取引所バイナンス、12月末でP2Pプラットフォームでの人民元取引を終了
エストニアの規制当局、すべての仮想通貨取引所ライセンスの取り消しを検討
ベネズエラの国際空港、ビットコインや複数の仮想通貨の支払いに対応か=報道

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧