Luupと東京海上が資本業務提携! 電動キックボードの安全性向上を目指す

access_time create folderデジタル・IT

「街じゅうを『駅前化』するインフラをつくる」をミッションに、マイクロモビリティのシェアリングサービスを展開しているLuup。同社はこの度、東京海上ホールディングス株式会社と資本業務提携を締結。

両社は、安心・安全なマイクロモビリティの利用環境の構築に向けて協業していく構えです。

今後の両社の取り組み

今回の資本業務提携に伴い、両社は電動キックボードの安全性および社会受容性向上に向けた取り組みを推進します。

具体的には、電動キックボードを含めた新たなモビリティに関して国が検討している交通ルールの内容や被害者救済の観点などを踏まえながら、電動キックボードの社会受容性向上に資するサービスや適切な補償の提供方法を検討するとのこと。将来的には、Luupが有する走行データを活用した新たな商品・サービスの研究などにも取り組むようです。

また、Luupのサービスを含む電動キックボード全般について包括的なリスクアセスメントを行った上で、「LUUP」の危険走行を減らすためのユーザーコミュニケーションのあり方の検討や、より安全度の高い機体の開発を行うといいます。

資本業務提携の背景

電動キックボードは、世界的にみても新しいモビリティのため、各国で適切な走行ルールが模索されている最中です。日本では、原動機付自転車に該当する電動キックボードですが、より安全に走行することができるルール整備のための実証実験が進んでいます。

しかし、電動キックボードの交通ルールの認知が十分とは言えない状況であり、一部のユーザーの違反走行が社会問題化するなど、現時点では十分に安心・安全な乗り物としての評価が確立されているとは言えないのが現状だといいます。そこで、安心・安全の提供を使命とする東京海上と共に、安心・安全に活用できるマイクロモビリのシェアサイクルサービスを確立し、ファーストワンマイル・ラストワンマイルを結ぶ持続可能な移動手段の普及を目指していくとのことです。

これまでTechable(テッカブル)で公開してきたLuupの記事はこちらから。

PR TIMES
株式会社Luup

(文・Higuchi)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧