ビットコインは押し目買い意欲を確認、6万ドルトライか【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコインは押し目買い意欲を確認、6万ドルトライか【仮想通貨相場】

 

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

一晩で切り返す

急落後、小動き

昨日のBTC相場は反発。58,000ドル(約660万円)手前でダブルトップを付け反落するも54,000ドル(約610万円)を割れてから反発、ネックラインとなる56,000ドル台半ば(約640万円)近辺で一時上値を抑えられたが、再び58,000ドルを窺う展開となっている。BTCは、58,000ドル手前で上値を抑えられると、暗号資産の成長によるリスクを指摘したIMFのレポート、またクラリダFRB副議長を始めボスティックアトランタ連銀総裁ら相次ぐ11月のテーパリング開始を支持する発言を嫌気し続落した米株を材料に、54,000ドル割れまで下落した。すぐさま56,000ドル台まで反発したが、調査会社CFRAが先物ベースのBTC ETFは有力だが、2022年まで承認が遅れる可能性が高いとしたことをCNBCが報じると、ダブルトップのネックライン付近となる56,000ドル半ばで上値を抑えられた。その後、Binanceが中国本土のユーザーへのサービス提供を年末まで停止すると発表すると下落したが、朝方の安値手前の54,000ドル台でサポートされた。注目の米CPIは予想通りだったが、その後米債金利が下落、米株が切り返すと、57,000ドル(約645万円)台まで反発した。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

BTC(ビットコイン)、アノマリー通りの上昇相場は続くのか | 騰落率ランキングと市場の異変を振り返る【仮想通貨相場】
5.8万ドル目前で反落も底堅く 今夜のインフレ指標でどう動くか?【仮想通貨相場】
クラーケン・ジャパンが日本初の米ドル、ユーロ建の仮想通貨取引開始

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧