BTCは好調維持 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

access_time create folder政治・経済・社会
BTCは好調維持 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

 

BTC/USDT

ビットコインは10月12日に57,680ドルから下落に転じたが、ローソク足の下ヒゲは押し目買いを示している。弱気派は再び価格をブレイクアウトレベルの52,920ドル以下に引き込もうとしたが、強気派は容赦していないようだ。

BTCは好調維持 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

20日指数移動平均(EMA:51,338ドル)の上昇と相対力指数(RSI)がプラスゾーンにあることは、強気派に有利な状況を示している。強気派が価格を57,839.04ドル以上に押し上げれば、BTC/USDTペアは60,000ドルまで上昇する可能性がある。

このレベルは厳しいレジスタンスとして機能する可能性があるが、強気派が価格を押し上げれば、価格は過去最高の64,854ドルを再テストする可能性がある。ここを乗り越えれば、強気のモメンタムが高まる可能性がある。

52,920ドルのブレイクアウトレベルは、引き続き下降局面で注目すべき重要なサポートだ。このレベルと20日EMAを下回れば、強気派が力を失いつつあることを示す最初のサインとなるだろう。

ETH/USDT

イーサ(ETH)は過去3日間、20日EMA(3,390ドル)から反発しており、強気派が押し目で蓄積していることを示している。今後、強気派は逆三尊パターンのネックラインまで価格を押し上げようとするだろう。

BTCは好調維持 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

ネックラインの上に押し上げられれば、4,657ドルを目標とした強気のセットアップが完了する。20日EMAが徐々に上昇し、RSIが55を上回っていることから、強気派にやや優位性があることがわかる。

しかし、ETH/USDTペアは4,027.88ドル、さらには4,372.72ドルで厳しいレジスタンスに直面する可能性があるため、直線的に上昇はしないだろう。

この仮定に反して、価格が現在のレベルまたはネックラインから下降し、移動平均線を下回れば、ETH/USDTペアは3,160ドルまで下落し、その後、心理的なサポートである3,000ドルまで下落する可能性がある。

XRP/USDT

リップル(XRP)は10月12日に20日EMA(1.06ドル)で反落した。強気派は50日単純移動平均(1.08ドル)を超えて価格を維持することが難しいと感じているようだ。これは、高値での買い手がいないことを示唆している。

BTCは好調維持 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

もし弱気派が20日EMAを下回り価格を維持した場合、XRP/USDTペアは心理的サポートである1ドルまで下落する可能性がある。このレベルを下回りブレイクしてクローズした場合、売りが強まり0.85ドルまで沈むかもしれない。

逆に、価格が現在のレベルから上昇した場合、強気派は価格を1.24ドルのレジスタンスラインの上に押し上げようともう一回試みるだろ。これに成功すると、1.41ドルまで上昇する可能性がある。


関連記事リンク(外部サイト)

BTCは史上最高値に向かう 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
上昇トレンドは続くか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
BTCはレジスタンス突破 アルトコインも連れ高 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧