本当に“キャンディマン”が現れた? ホラー映画『キャンディマン』制作現場で起こった怪奇現象を監督が証言[ホラー通信]

access_time create folder映画

1992年公開の同名ホラー映画を、『アス』『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール製作・脚本、ニア・ダコスタ監督でアップデートした『キャンディマン』が10月15日より公開。都市伝説の殺人鬼“キャンディマン”が現れるシーンを切り取った本編映像と、ニア・ダコスタ監督が明かした驚きのエピソードが解禁となった。

キャンディマンは、“鏡に向かってその名を5回唱えると現れる”とされる、鉤爪の殺人鬼。解禁となった映像では、トイレでたむろしていた高校生たちが遊び半分に“キャンディマンごっこ”をし、その名を唱えてしまう様子が映し出されている。あくまで都市伝説、実際にキャンディマンが現れるはずはなかった――しかし、緊張感が漂うなか、5回名前を唱え終わると、次々と異変が起こってしまう。開かなくなるドア、様子のおかしい友人、どこからともなく現れた蜂たち、そして……。


映像が表示されない方はこちら

映像にも少し登場しているが、キャンディマンとともに現れる“蜂”は、重要なモチーフだ。監督のニア・ダコスタは、LAのプリプロダクション・ハウスでライン・プロデューサーと一緒にいるときに、蜂にまつわる奇妙な現象を体験したという。
「なにか音が聞こえたので外を見ると、すべての窓が開いていて、蜂の大群のようなものが見えたのです。どこからともなく現れたような気がしましたし、あんなに巨大な群れは見たことがありませんでした。私たちはパニックになって慌てて窓を全部閉めましたが、その後、お互いに顔を見合わせて『不気味だね』と言い合ったのです。その後も、家のあちこちで蜂の死骸が見つかりました」と回想する。さながら現場にキャンディマンが現れたかのようなエピソード。もしかしたら、制作時に“キャンディマン”と連呼しすぎて、本当に来てしまったのかも……?

『キャンディマン』
10月15日(金)全国公開

access_time create folder映画
local_offer

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧