「月に向かって打て」多くの名場面をつくった大杉勝男さんの思い出

access_time create folder生活・趣味

「月に向かって打て」多くの名場面をつくった大杉勝男さんの思い出

東映、ヤクルトで活躍し、両リーグ200本塁打まで残り1本というところで惜しまれつつも引退した大杉勝男氏は、球史に残る名場面に数多く関わっている。そのうちのひとつである、球宴で満塁本塁打を打たれたのは、現在でも日本記録であるシーズン401奪三振を達成した名投手・江夏豊氏がプロ1年目のときだったという。

※本記事は、江夏豊:著『強打者』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

オールスターでの初対戦で満塁ホームラン


▲大杉勝男 出典:文藝春秋社『週刊文春』第9巻第24号(1967)[ウィキメディア・コモンズより]

私が新人の1967年当時、球宴は現在のような2試合制ではなく、選手の引退後の資金(年金)獲得のために3試合制であった。前年のリーグ優勝監督が、球宴の監督として指揮を執る。  

川上哲治監督(巨人)が「江夏、行ってくれ」。私はその球宴で3連投、大杉さんとの対戦は、第3戦の大阪球場だった。

高校を出たばかりの新人の私が、先輩たちを相手に内角の厳しいところを攻めるわけにはいかない。あとは、よく曲がらないカーブしか球種がない。外角を狙った球が、少し真ん中に入ったところを、ものの見事に「ガーン」。満塁本塁打だ。  

「月に向かって打ったんです」――MVPに選ばれた大杉さんがヒーローインタビューで発した言葉だった。プロ3年目で球宴初出場だった大杉さんは、全国デビューを果たした。  

大杉さんを指導したのは飯島滋弥打撃コーチ。現役時代(大映)の試合で1回満塁本塁打、7回3ラン・満塁本塁打を放ち、1イニング7打点・1試合11打点は、現在も日本記録である。

ユーモアに富んだ人で、夜間の打撃指導で大杉さんに「あの月に向かって打ちなさい」 と教えたそうだ。月に向かってアッパースイングをするというのではなく、そのくらいの「大きな気持ちで打撃に臨みなさい」という意味だったのだろう。

球宴の月夜に、満塁アーチを架けられた私の大杉さんに対するイメージはパワーヒッターだが、周囲の大杉評を聞くと「巧打者だ」が大勢を占めている。

そう言われてみると、自分のスイングを持っていた。投手に合わせてスイングに強弱をつけるのではなく、1、2の3で打ってくる人だった。

球史に残る猛抗議のきっかけとなった一発

1975年大杉さんは、内田順三さんと小田義人さんと2対1の交換トレードでヤクルトに移籍した。

1978年日本シリーズ、日本一4連覇を狙う上田利治・阪急と、球団創設29年目のリーグ初優勝を遂げた広岡達朗・ヤクルトが相まみえた。東京六大学野球で神宮球場が使用できなかったため、ヤクルトの主催試合は後楽園球場で行われた。 

3勝3敗で迎えた第7戦の6回裏、大杉さんは足立光宏さんから左翼ポール際に本塁打を放った。この判定を巡って上田監督が1時間19分に及ぶ猛抗議をするが、判定は覆らなかった。大杉さんは次の第4打席8回裏二死から「これならどうだ」とばかり、今度は山田久志君から文句なしの本塁打を放ち、ヤクルトは日本一の栄冠に浴した。

三塁ベースを回ったあと、飛行機のように両手を広げて満面の笑みでホームインした大杉さんの雄姿は、いまも私の脳裏にこびりついている。


関連記事リンク(外部サイト)

「江夏の21球」の裏にあった“不器用”だった衣笠祥雄氏の覚悟
江夏豊氏がマウンドから見たミスター長嶋茂雄は「来た球を打てる天才」
選手から社員へ“転職”。プロ野球の変革とともに歩んだ髙木大成氏

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧