漫画ならではの心理描写で愛すべき『2gether』を再体験させてくれた

access_time create folder生活・趣味

漫画ならではの心理描写で愛すべき『2gether』を再体験させてくれた

タイドラマブームの火付け役となった甘キュンBL『2gether』。原作はジッティレインによる同名小説で、日本では現在、漫画家の奥嶋ひろまさによるコミカライズ作品が好評を博している。そんな原作、ドラマとは違う漫画版『2gether』の魅力を、ドラマや舞台を中心に多数のインタビューやコラムを手掛け、ドラマをきっかけに「2gether沼」にハマったライターの横川良明氏に思う存分語っていただいた。

間を意識したコマ運びが読者の胸キュンを誘う

大好きな作品が漫画になる。それは、ワクワクするような気持ちと一緒に、ほんの少し不安が脳裏をかすめる。自分のイメージしていたものと違ったらどうしよう。大好きな世界が壊れてしまうのを見たくない。

そんな臆病な指先で開いたコミック版『2gether』は、細かいマイナーチェンジはあれど、作品への想いが伝わる、愛情たっぷりの世界だった。

まず目を引くのが、タインの描写だ。随所にギャグ絵も散りばめられた、表情豊かなタインは漫画らしくて、とってもコミカル。サラワットから送られてきた意地悪なメールに腹を立ててスマホにかじりついたり、グラサンで変装をしてサラワットの身辺調査をしたり。感情表現がストレートなタインの描き方が、出会ったばかりの頃のタインとサラワットの空気感を思い出させてくれて、微笑ましい気持ちになる。


▲『2gether』第1巻より ©ジッティレイン/奥嶋ひろまさ

▲『2gether』第1巻より ©ジッティレイン/奥嶋ひろまさ

そのなかで、漫画らしい間(ま)のとり方が、まだ恋の予感に気づいていないタインの気持ちを代弁してくれている。たとえば、サラワットに「カワイイ」と頭を撫でられたあとのちょっと赤くなった顔だったり。タインに宛てられた差し入れのメッセージを「こいつにはもう恋人がいる」とサラワットが書き換えたのを見つけたときの目を見開いた顔だったり。鼓動が一瞬跳ねる、その瞬間の高鳴りを、奥嶋ひろまさは、まるで時間が止まったような感覚まで伝わるように繊細に描きこむ。


▲『2gether』第1巻より ©ジッティレイン/奥嶋ひろまさ

この間(ま)を意識したコマ運びが効いているからこそ、少しずつ変わっていくタインの気持ちが、読者の思考回路に直接流し込まれているように、ありありと伝わってくるのだ。

そして、サラワットの表情の変化も、精緻にコマの中におさめられている。長い下まつげと細い眉が印象的な顔立ちは、ドラマと変わらないクールビューティーな美青年。センターで分けられたさらさらの髪も、サラワット役のブライトを彷彿とさせる。


▲『2gether』第1巻より ©ジッティレイン/奥嶋ひろまさ

そのなかで、つい愛らしさを感じ取ってしまうのが、何度か見せる照れた顔だ。特に印象的なのが、自分で買ったお菓子を「貰ったんだ」と嘘をついてタインに渡す場面。「君のファンは気前がいいね」とタインに言われて、背中越しに「あぁ」と返事をするサラワットの頬がかすかに赤く染まっている。


▲『2gether』第1巻より ©ジッティレイン/奥嶋ひろまさ

態度はぶっきらぼうだけど、本当はすごくタインのことを大切に想っている。そんなサラワットの気持ちを、この本を手にする多くの読者たちはすでにもう知っているからこそ、ちょっと気恥ずかしそうな顔にグッと来てしまうし、その表情を知っているのは読者だけという特別感に思わず頬が緩んでしまう。

小説未読の人は原作を知る良いきっかけに!

ただドラマをなぞるだけでは、コミカライズの意味がない。細かくコマを割ってキャラクターの表情を描いていける漫画ならではの心理描写で、コミック版『2gether』は、あの愛すべきストーリーを読者に再体験させてくれる。

そのうえで、ドラマとの違いを楽しんでみるのも面白い。大筋は同じだけれど、漫画はドラマではなく原作小説を準拠としているため、ポッキーゲームがキャンディになっていたり、細かいシチュエーションがかなり変わっている。

さらに、サラワットにはプーコンのほかにフームワットという弟がいるなど、ドラマでは入りきらなかったキャラクターの周辺情報も盛り込まれていて、小説未読の人にとっては原作の『2gether』を知るいいきっかけになるはず。

1巻だけではその伏線は明かされてはないが、序盤でタインがイヤホンを片方だけ失くしているというエピソードが入っている。イヤホンといえば、サラワットとタインの関係を象徴するアイテムのひとつ。片方だけ残ったイヤホンを見て「寂しそうだな、お前…俺と同じだ…」とタインが自分を重ねるモノローグは、非常に暗示的だ。


▲『2gether』第1巻より ©ジッティレイン/奥嶋ひろまさ

このイヤホンは、きっとこれからサラワットとタインをつなぐキーアイテムとして展開していくはず。「ペア」があふれる世の中で、自分だけの「ペア」を見つけられないタインが、どうやってもう片方のイヤホンを見つけていくのか。このあたりがコミカライズの大きな見どころとなりそうだ。

不思議なもので、本当に好きな作品は何度見ても飽きない。もう何十回も見たはずなのに、同じ場面で同じように涙を流すこともあれば、逆に今までなんとも思っていなかった場面が、急に胸を突き刺してくることもある。いつまでも自分の中で生き続ける作品は、まるで鏡のように今の自分を鮮明に映し出してくれるものだ。

きっと、この『2gether』も多くの人にって、そんな作品だろう。ずっと昔から使っているブランケットのようにしっくりと肌になじみ、お気に入りのブルーハワイのように爽やかな気持ちにさせてくれる。

それはドラマでも漫画でも変わらない。たとえちょっと離れていても、会えばたちまちあの頃にタイムスリップする。そんな幼なじみみたいな作品だ。

もし、この漫画から『2gether』を知った人がいたら、ぜひドラマも見てほしい。ブライトが演じるクールなサラワットや、ウィンが演じるキュートなウィンにたちまち恋におちるはずだ。

そうやって、いろんな人の手によって表現されながら、いつまでもいつまでも語り継がれていくことが、作品を愛するファンにとっては何より幸せなこと。『2gether』はそれに足るだけの輝きを持った作品なのだから。


関連記事リンク(外部サイト)

鶴谷香央理×奥嶋ひろまさ「サラワットの野性的な表情が素敵!」
ツンデレのサラワットはレアキャラだった!?『2gether』タイの恋愛事情
『2gether』を見て知りたくなったリアルなタイの大学生活とは?

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧