「もっと俺のこと見ろよ、っていつも思ってます(笑)」荒牧慶彦&和田雅成 見どころは2人の顔の良さ!?ドラマ『カミシモ』インタビュー

access_time create folderエンタメ

2021年10月6日(水) 24:59日本テレビ、10月9日(土)24:58読売テレビにて放送開始の荒牧慶彦さんが主演を務めるオリジナルドラマ『あいつが上手(かみて)で下手(しもて)が僕で』(通称、カミシモ)に登場する、荒牧慶彦さんと和田雅成さんの撮り下ろしインタビューをお届けします。

本作は、お笑い界という大海原に揉まれ、マストが折れ、漂流した者が最後に辿りつく場所「湘南劇場」が物語の舞台。「エクソダス」「らふちゅーぶ」「アマゲン」「ロングリード」といった4組のお笑いコンビたちが相方や仲間たちと劇場の脱出を目指し奮闘する芸人⻘春群像劇! 劇中では各コンビが芸人さながらに練習を重ねた漫才シーンも必見です!

荒牧慶彦さん演じる時浦可偉(ときうらかい)、和田雅成さん演じる島世紀(しませいき)のお笑いコンビ「エクソダス」は、本作の舞台となる“遭難劇場”とも呼ばれる島流しされた芸人たちが集まる劇場、「湘南劇場」で出会い、漫才コンビを結成します。

公私ともに仲の良いお二人に今作の見どころと、お互いの素敵なところなどお話を伺いました。

――お二人が演じるエクソダスはどういったコンビですか?

荒牧:元々お互いがピン芸人で、僕が演じる時浦可偉が湘南劇場に来たことから始まるコンビです。時浦の深く行き過ぎているネタを島がちょっと面白おかしくイジったりとか。テンションが高い漫才師ではないですね。

和田:時浦が心臓みたいなコンビだと思います。ネタを書いているのも時浦ですし。でも、その中で島のエッセンスも取り入れつつ。劇中で島が時浦に、「もっとお前、わかりやすいネタ書けや」みたいに言う場面もあるので、そこを時浦も理解しつつ、ネタを書いてくれたりしますね。

――普段は、お二人はボケとツッコミだとどんな役割ですか?

荒牧・和田:(エクソダスと)そのまんまです。そのまま(荒牧さんが)ボケと(和田さんが)ツッコミで。

和田:俺はボケのレベルが格段に低いので(笑)。ボケたいんですけど、ボケてくれる人がいるほうがラクですね。

――漫才シーンはいかがでしたか?

荒牧:やりやすかったですね。元芸人の放送作家さんが書いてくれたネタなので、単純にすごい面白い。

和田:面白いね~。

荒牧:でも、作中ではスベっている、と表現しなきゃいけない難しさもありました。

――スベっているというのは、間を外したりしなければならなかったり?

荒牧:いや、僕ら的には一生懸命やっているんですけど、それがお客さんには刺さっていない、という感じでした。ただ、「笑い声って本当に大事だね」と話したよね。

和田:話したね。

荒牧:本当にやっていて、お客さん役の方が居るのに一笑いも起きないと、どんどん心が苦しくなっていくんです。

和田:本当に芸人さんって、本気で考えたネタでああやってスベったら、そりゃメンタルやられるよね。

荒牧:やられる! お芝居でそういうシーンとしてやっている僕らですらつらいのに、実際に芸人さんがスベっていたら、なんて地獄の空気なんだ、と思う。

――陳内将さんにお話を伺ったときに、3分くらいのネタですけど、舞台のマチソワ(昼・夜公演)をやったくらい疲れるとおっしゃっていて。

和田:それくらいめちゃくちゃ疲れますよ。芸人さんはホントに凄い! まじで疲れるよね。

荒牧:本当にエネルギーをもっていかれますね。

和田:しかも、やるのは1回じゃないので。例えば、3分の漫才を何カットか撮るわけじゃないですか。そうなったときに、×5やったとしたら、15分がもうずっと全力なので、それくらいの疲労はあると思います。

――舞台慣れしている役者さんが揃っているので、撮影は割とスムーズだったと伺いました。

荒牧:でも、今回長回し(ワンカット)という撮影で挑戦していまして。もちろんカット割りの部分もあるんですけど、基本的に長回しで撮ったんです。舞台役者として感情の繋ぎ方やもっていき方など、僕らは普段舞台で1本1時間半から2時間半の芝居をやっている分、やりやすいなと思いました。そこは、舞台慣れしているメンバーだからこそ出せた味はあったと思います。

――ほぼメンバーが揃っているシーンが多いですよね。

荒牧:そうですね。基本、映像の撮影ってシーン別に「このシーンはこの方が居れば大丈夫なので休んでいてください」ということが多いんですけど、今回は長回しだから、全員いなきゃいけないんですよ。例え映らなくても。その加減は難しかったですね。だから、朝から晩までずーっと現場に居て芝居をしていました。

和田:今回、僕は初めましての方も結構多くて。でも有り難いことに、朝から晩までずっと一緒だったので、初めましてだったんですけど、その分仲良くなれたというか。作中のメンバーがやっぱり仲が良いので、それがリアルで過ごした時間がそのまま反映されるので有り難かったです。

――公式HPでは「個性豊かなニコイチたち」という紹介文がありますが、お二人は普段からとても仲が良い印象があります。今回の共演で新たな発見はありましたか?

荒牧:いや、新たな発見は特にないですかね。元々、魅力的だなという部分が、さらに「やっぱり、まーしーこうだよね」というのはありました。

和田:ある意味、変わっていないことが魅力というか。初めて会ったときからお互いの関係性は仲良くなってる度合いは深くなっていますけど、素敵だなと思うところはずっと素敵なので。そこは変わらないかもしれないですね。

――お互いの素敵なところとは?

和田:もう、すべてです!

荒牧:確かに。

和田:確かにって(笑)。

荒牧:僕がまーしーに感じているのは、太陽みたいな明るさですね。「誰からも愛されるな、まーしー」と、毎回まーしーと一緒に現場にいるときは思うので、「いいなあ、うらやましいな」と思う反面、寂しい部分もあったり。

和田:なんで寂しんだよ。

荒牧:もっと俺のこと見ろよ、って。

和田:(笑)! 

荒牧:でもそういうのはいつも思っています(笑)。

――長く共演されてきて、お互いお仕事やプライベートで助けられた、支えられたことはありますか?

和田:映画を一緒に観に行ったりすることもあるんですけど、趣味がそれぞれ違くて、お互い1人の時間も好きなので、プライベートでそんなにめちゃくちゃ一緒にごはんに行くかと言ったら、そういう関係でもないというか。

あ、でも、まっきーの家に初めてお邪魔させていただいたときに、今主に自分たちがいる場所が似ているし、お互いがこうしたいという最終的なビジョンや向かって行っている方向が一緒だと思うので、同じ目線で話ができたんです。考え方はそれぞれ違うけど、「あ、やっぱりそうだよね」というところの共感はしてもらいやすいのは助かったというか。話を聞いてもらえるという部分では、すごく助かったかもしれないですね。

荒牧:僕も有り難いことにテレビのバラエティ番組とかも出演させていただける機会が増えてきたんですけど、やればやるほど1人じゃ無理なんだな、ということを感じてきて。もちろん若いときの20代前半とかは、「俺は誰よりも売れたい」って、たぶんみんな俳優を目指しているからには思うところはあると思うんですけど、どんどんその考え方が変わってきました。

1人で頑張っても、他の魅力的な部分がたくさんある方々の強大なパワーには埋もれちゃうから、1人じゃなく、今せっかく2.5次元というジャンルが出来て、割と知名度も上がってきたからこそ、このジャンルごといかないといけないな。そのために、もちろん仲が良かったというのもありますけど、まーしーの魅力的な部分だったり、他の方々にも合わせていかなきゃな、という考え方に僕はシフトしていて。

そのためには、まーしーは絶対的に僕の隣に居てほしいですし、そういう意味では、これからどんどん助けられるんだろうな、と思います。

和田:お互い様ですけどね、ホントに。

――今後も支え合っていく2人ということですね。

荒牧:そうですね。ライバルであり、そのライバルの前に、仲間であり、友達であり、という感じです。

――芸人さんはアドリブなど対応力も必要なお仕事ですが、舞台俳優さんも舞台上でアドリブ力を必要とされる場面があると思います。そういった面で通ずると感じる部分はありますか?

和田:でもやっぱり芸人さんはレベルが違います。一発ドーン!のコメントを求められたときの一発の破壊力というのは、僕らとは全然比べ物にならないですね。自分もテレビのバラエティ番組に出させてもらえるときって、そんなにチャンスがあるわけではないので、それでも何か残したいな、と思っているときに、そんな芸人さんの姿を見ると、やっぱりすごいな!と思います。

荒牧:夢を追っているという部分では似ている部分はありますね。様々な役者や芸人がいる中で、どう突き抜けて行こうとか、どう売れて行こうという思考回路は一緒なのかもしれないです。

――今作でのエクソダスの見どころを教えてください!

和田:やっぱり、2人とも顔がいい、というところですかね。もうこれ自分でずっと言っているんですけど(笑)。誰も俺のことは言ってくれんから! 荒牧のことはみんな言うのにさ!

荒牧:いやいや、まーしーのことも言ってるよ(笑)。

和田:でも、エクソダスとしての見どころってどう?

荒牧:エクソダスとしては、僕はローテンションで演じていて、まーしーも関西弁ではあるんですけど、設定的にちょっとヤンキー気質が入っていたりとか、普段のまーしーじゃ見れない部分もあるので、そういう役者と役の違いを楽しんでいただけるのかな、と。でもどこか島と時浦としてがっちりハマる部分もあるので、そういう部分を楽しんで貰えたらと思います。

――各コンビ、フィーチャーされている回があるので見逃せないですよね。

和田:そうですね、それぞれのコンビがめっちゃ魅力的なので。でも、その中でエクソダスはベースにあって、その成長物語というところもあるので、エクソダスで言うと、8話かけて成長していく姿が見られるんじゃないかなと思います。

――では、楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

荒牧:基本的にコメディなんですけど、青春群像劇というか、夢を追いかけている方や人間関係に悩んでいる方だったりに刺さる物語になっています。でも、とにかく今、暗い時期ですので、この『カミシモ』がオアシスのような番組になれるといいなと思っています。

和田:今回お笑い芸人がテーマで、この今の世の中で僕は笑顔とか笑うことが本当に大切だと思うので、このドラマで世界を救えたらいいな、と思います。これはちょっと冗談っぽいですけど、本気半分でそう思っていますね!

――Huluなどで配信もされるので、海外の方も観るかもしれませんし! 世界を救いましょう!

和田:はい、僕らエクソダスが救います!

――ありがとうございます、楽しみにしています!

[撮影:周二郎]

関連記事:
荒牧慶彦&和田雅成演じるお笑いコンビ「エクソダス」ビジュアル・特報映像解禁!TVドラマ『あいつが上手で下手が僕で』
https://otajo.jp/102495

作品概要

【あらすじ】
お笑いライブハウス『湘南劇場』―。
<遭難>劇場と揶揄される寂れた劇場へ“島流し”された8人の芸人たち。
「ここを脱出しないと、芸人としての未来は無い…!」
絶体絶命絶望手前のこの状況、どんな手を使ってでも脱出すべく、時に手を取り、時に蹴落とし合いながら、芸人としての賞味期限までのカウントダウンが始まる!
家族でも恋人でも親友とも違う、『相方』という距離感が生み出す友情・喧嘩・嫉妬、そして笑い。
ひたむきに、純粋に夢を追い続ける個性豊かなニコイチたちが、劇場からの脱出のため奮闘し、共闘する、芸人⻘春群像劇!!

【ドラマ「あいつが上手で下手が僕で」 概要】
放送:日本テレビ2021年10月6日(水)24:59〜
読売テレビ2021年10月9日(土)深夜
配信:Hulu、TVer(日テレTADA、GYAO!含む)
毎話日本テレビOA後配信開始
脚本:上田誠・大歳倫弘・左子光晴・橋本尚和(ヨーロッパ企画)
監督:山口淳太(ヨーロッパ企画)、橋本和明(日本テレビ) 他
出演:荒牧慶彦、和田雅成、鳥越裕貴、陳内将、梅津瑞樹、橋本祥平、田中涼星
石田剛太、酒井善史、角田貴志、町田マリー、指出瑞貴、島田桃依/崎山つばさ
制作:日テレ アックスオン

【舞台「あいつが上手で下手が僕で」概要】
公演日程:
<東京公演>12月9日(木)~17日(金)かつしかシンフォニーヒルズ
<大阪公演>12月23日(木)~26日(日)東大阪市文化創造館
脚本・演出:大歳倫弘(ヨーロッパ企画)
出演:荒牧慶彦、和田雅成、鳥越裕貴、陳内将、梅津瑞樹、橋本祥平、田中涼星/崎山つばさ ほか
制作:ポリゴンマジック
製作:カミシモ製作委員会(日本テレビ、ポリゴンマジック、読売テレビ)

ドラマ公式ホームページ:https://www.ntv.co.jp/kamishimo[リンク]
舞台公式ホームページ:https://kamishimo-stage.com/
公式 Twitter:@_kamishimo
(C)カミシモ製作委員会

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧