チャン・グンソク、新たなプロフィール写真公開!日本独占アナザーカットも!

access_time create folderエンタメ

AG Corporation

ャン・グンソクが新たなプロフィール写真を公開し注目を集めている中、アナザーカットが日本独占で公開
された。

先立って所属事務所 AG Corporation より発表された 5 枚の写真では、少年のような姿からカリスマ溢れる姿
まで多彩な魅力を放つチャン・グンソクの魅力が存分に堪能できる。デニムシャツを着用したカットでは幻想
的なオーラを見せる一方、赤い T シャツを着たカットでは向けられた視線がファンの心をときめかせる。また
黄色の T シャツにベージュのパンツをマッチさせ、少年のような爽やかさを披露、カーディガンを羽織ったカ
ットでは、彼が持つ穏やかな雰囲気を余すことなく伝えた。

加えて、日本独占で公開されたアナザーカットでは爽やかさの中にどこかミステリアスな雰囲気を纏う一枚。
見るたびに新しい表情を魅せるチャン・グンソクの今後の活動に期待が高まる。


AG Corporation

なおチャン・グンソクは去る 8 月にオンラインライブ「2021 JKS Online Summer Live -Keun Night-」を開催
し、相変わらずのエンターテイナー性を発揮。終始、流暢な日本語で進行された配信ライブの模様は TBS チャ
ンネルでも放送され、一般視聴者からの評判も上々の内容であった。また今年に入って日本で発売された
「Emotion」、「雨恋」、「Day by day」の 3 枚のシングルでは、それぞれ LINE MUSIC のソング TOP100 リアル
タイムチャートおよびデイリーチャートで 1 位を記録するなど、アーティストとしての活動も活発だ。
また韓国では先月、自身の誕生日を記念した「第 9 回わかち合い写真展」を開催し、ファンと共に寄付活動を
行い、ファン文化に良い影響力を与えている。


AG Corporation

チャン・グンソクが 8 月に開催したオンラインライブ
「2021 JKS Online Summer Live Keun Night」が DVD&PHOTOBOOK に!!
2022 年 1 月下旬発売予定
DVD:本編+メイキング(2 枚組) 7,150(税込)
PHOTOBOOK:A5 サイズ 44 ページ フルカラー 2,200(税込)
特設ページ:https://www.jang-keunsuk.jp/keunnight_dvd/


AG Corporation

◆公式サイト情報

■チャン・グンソクジャパンオフィシャルサイト:https://www.jang-keunsuk.jp/ ■チャン・グンソク日本公式 Twitter:https://twitter.com/jksjapan ■チャン・グンソク公式 LINE:https://lin.ee/hFhBkk0
■チャン・グンソク公式 Instagram:https://www.instagram.com/_asia_prince_jks/ ■チャン・グンソク ユニバーサルミュージックオフィシャルサイト: https://www.universal-music.co.jp/jang-keunsuk/


AG Corporation
AG Corporation
AG Corporation

The post チャン・グンソク、新たなプロフィール写真公開!日本独占アナザーカットも! first appeared on Hwaiting!/ファイティン!.


関連記事リンク(外部サイト)

【ライブレポ】RUI(ex CODE-V)待ちに待った!「RUI -THE BIRTHDAY LIVE-」オンライン&オフライン開催!サプライズも成功!
累計再生回数2億回を記録した『A-TEEN』、『TWENTY×TWENTY〜ハタチの恋〜』の 制作陣が贈る最新作が日本初上陸 幼馴染、会社の上司、年下男子、訳アリの前の男…タイプの違う4人のイケメンに求愛される!? リアルな大人の恋愛模様を描く“逆ハーレム”韓国ドラマ『PENG』 2021年10月8日(金)より「ABEMA」で国内独占配信決定
超自然ユニバーススリラー!「謗法~運命を変える方法~」DVD-BOXが2022年1月7日(金)発売決定!

access_time create folderエンタメ
local_offer
Hwaiting!

Hwaiting!

韓流エンタメのニュース&マガジン Hwaiting!/ファイティン! ~K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。ますます広がるK-カルチャー情報をお届け~

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧