5万ドル突破なるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

access_time create folder政治・経済・社会
5万ドル突破なるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

 

BTC/USDT

10月3日、強気派はビットコインを48,843.20ドルのレジスタンスの上に押し上げたが、ローソク足の上ヒゲは、弱気派がこのレベルを積極的に守っていることを示している。価格は、過去2日間、50日単純移動平均(SMA)(46,667ドル)と48,843.20ドルの間で取引されている。

5万ドル突破なるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

もし、強気派が頭上のレジスタンスを超えて価格を維持すれば、BTC/USDTペアは勢いを取り戻し、50,000ドル、さらには52,920ドルまで上昇する可能性がある。

20日指数移動平均(EMA:45,478ドル)が上昇に転じ、RSIがプラスの領域にあることから、強気派が有利であることがわかる。

この想定に反して、弱気派が価格を50日SMA以下に引き下げると、価格は20日EMAまで下がる。このサポートから反発すればポジティブなサインとなり、強気派は頭上のハードルをクリアするためにもう一回トライするだろう。

もし、20日EMAを下回り、それが持続するようであれば、優位性は弱気派に傾く。その場合、100日SMA(41,935ドル)まで下落する可能性がある。

ETH/USDT

10月1日に強気派がイーサ(ETH)をダウントレンドラインと移動平均線の上に押し上げたが、弱気派はまだ諦めていない。弱気派は、3,500ドル付近で上昇相場を停滞させ、50日SMA(3,297ドル)の下に価格を引き戻そうとしている。

5万ドル突破なるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

もし彼らがそれに成功すれば、ETH/USDTペアは20日EMA(3,194ドル)まで下落する可能性がある。EMAを下回れば、さらなる売りを呼び込む可能性があるため、これは強気派が守るべき重要なサポートだ。その後、心理的水準である3,000ドル、さらには100日SMA(2,841ドル)まで下落するかもしれない。

また、移動平均線を超えて反発した場合は、3,500ドルを超えようとする可能性もある。レジスタンスラインを維持した場合、3,676.28ドル、さらには4,000ドルまで上昇する。

XRP/USDT

リップル(XRP)は10月1日に20日EMA(1.01ドル)を超えて上昇し、強気派は10月3日に1.07ドルの頭上のレジスタンスを超えて価格を押し上げようとしたが、当日のローソク足の上ヒゲは、弱気派が50日SMA(1.10ドル)を力強く守っていることを示唆している。

5万ドル突破なるか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

現在、価格は20日EMAと50日SMAの間の狭いレンジで推移している。移動平均線はフラットで、RSIは中間点付近にあるため、需要と供給のバランスが取れていることを示している。

価格が50日SMAを上にブレイクして持続すれば、このバランスは買い手に有利に傾くだろう。その場合、XRP/USDTペアは、1.41ドルの次のレジスタンスに向けて上昇を始める可能性がある。

反対に、価格が20日EMAを下にブレイクして持続した場合、ペアは100日SMA(0.90ドル)まで下落する可能性がある。このサポートを下回れば、弱気派が再び主導権を握ったことを示す。


関連記事リンク(外部サイト)

急騰したBTC、今後の展開は? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
BTCがアルトコインの重荷に 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)
レンジ相場が続くか 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧