エルサルバドル、BTC支払いで1ガロンあたり0.20ドルの燃料補助金を導入

access_time create folder政治・経済・社会
エルサルバドル、BTC支払いで1ガロンあたり0.20ドルの燃料補助金を導入

 

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、政府が支援するビットコインウォレット「Chivo」で支払いをすると、ガソリン価格を1ガロンあたり0.20ドル引き下げられると発表した。

ブケレ大統領は、このニュースを「国民のポケットにとってポジティブなニュース」と表現し、9月30日に発表した。

「Chivoが国内最大のガソリンスタンドと交渉した。明日からガソリンスタンドでは、Chivoウォレットを使って1ガロンあたり0.20ドル安い燃料を販売することになった」

ブケレ大統領は、この割引には制限がなく、国内の個人や企業であれば誰でも利用できることを強調した。また、この割引により、「国際的な燃料価格の上昇」が解消され、「サプライチェーンにおける輸送コストが削減される」と述べた。

しかし、一部のエルサルバドル人からは、この補助金が最終的に国民の利益になることに納得していない声も出ている。

また、Chivoで支払った人だけに割引を適用するという政府の決定を皮肉る声や、なぜ政府はもっと早い段階で燃料価格の軽減を図らなかったのかと疑問を呈するアカウントもあった。

このニュースと同時に、ブケレ大統領は、液化ガスの国内価格を「安定化」させるための基金を承認したことも明らかにした。


関連記事リンク(外部サイト)

3分の1のエルサルバドル人がChivoウォレットを使用=大統領
エルサルバドルのビットコイン法施行、債券価格にも影響か
エルサルバドルの大手金融機関、ビットコイン決済導入のためFlexaと提携

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧