大宮が栃木戦、一時12人でプレー。審判団、選手交代の確認怠る

access_time create folderエンタメ
大宮が栃木戦、一時12人でプレー。審判団、選手交代の確認怠る

敵陣でリスタートが続いた試合終盤の約40秒間。

[J2 32節] 栃木 1-3 大宮/2021年10月3日14:03/カンセキスタジアムとちぎ

 J2リーグ32節、大宮アルディージャが3-1で栃木SCに勝利を収めた一戦、大宮が一時ピッチ上12人でプレーするという事象が起きた。

 大宮が3-1と2点リードして迎えた88分、敵陣左サイドの深い位置でスローインを得ると、霜田正浩監督は4・5枚目の選手交代カードを切る。

・小島幹敏 → 石川俊輝
・河田篤秀 → 山越康平

 そして88分7秒に試合が再開されると、大宮は敵陣でできるだけ時間を使おうと複数の選手でボールをキープする。そしてスローインから二度リスタートが行われたあとの88分25秒、栃木のDFがタッチラインの外へクリアをする。

 ここで河田がまだピッチにいて、自身が交代ではないかと主審に確認。選手交代が完了していなかったのだ。

 88分30秒、主審が笛を吹いて試合を中断させ、大宮の選手が12人いるのを認め、河田の背中を押して、ピッチの外に出るように促した。

 河田がピッチの外に出たのが88分46秒――アウェーチームはその間12人でプレーする形となった。

 栃木の交代を含めると、計9人の交代が行われた。しかも試合最終盤で疲労もピークを迎えるなかで、審判団が確認を怠るミスを起こしてしまった。

 試合はそのまま3-1で大宮が勝利を収めてリーグ2連勝、最近6試合4勝1分1敗と好調をキープし14位に浮上している。一方、栃木は大宮と勝点で並ばれて15位となっている。

【注目記事】
【日本代表】都道府県別出身地ランク。2位埼玉と大阪、1位は…

・求める具体的な人材も…「セルティック日本人補強プラン」ポステコグルー監督が明かす

・日本人選手市場価格ランキングTOP20。3位久保建英、2位冨安健洋、1位は…

[文:サカノワ編集グループ]


関連記事リンク(外部サイト)

G大阪4人、川崎2人がコロナ陽性。ACLウズベキスタンから帰国後の検査で判明
【仙台-浦和】なぜトーマス・デンの「ハンド取消」に?JFAがVAR運用について説明
なでしこ敗退、高倉麻子監督「闘志が前面に出るチームではなかったかもしれませんが、選手たちの心の中ではいつも炎が燃えていました」。東京五輪、準々決勝スウェーデンに1-3

access_time create folderエンタメ
local_offer
サカノワ

サカノワ

サカノワ │ 広がっていくサッカーの輪。「国内」「海外日本人選手」を中心としたサッカー情報サイトです。

ウェブサイト: https://sakanowa.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧