電子書籍・動画・音楽をひとつに!「U-NEXT」が目指す共存できる未来

access_time create folder生活・趣味

電子書籍・動画・音楽をひとつに!「U-NEXT」が目指す共存できる未来

リアル書店には書店員さんがいます。そして電子書店にも“顔が見えない”書店員さんがいます。なかなか実態が見えない電子書店の“中の人”にアレコレ聞いてみようと思います。

今回は、電子書籍も動画も音楽もひとつのアプリで楽しめる“オールインワン・エンタテイメント・プラットフォーム”「U-NEXT」を運営する、株式会社 U-NEXTの中野さんと崎山さんにインタビューしました。


▲電子書店「U-NEXT」のロゴ

1つのアプリにまとめたことで売上は6倍に

――まずは自己紹介からお願いします。

中野 U-NEXTのブック事業を運営してます、中野と申します。


▲U-NEXTの中野さん

崎山 同じく崎山と申します。よろしくお願いします。


▲U-NEXTの崎山さん

――よろしくお願いします。それでは、U-NEXTさんの電子書籍サービスを教えてください。

崎山 U-NEXTは2007年にサービスの開始をしまして、電子書籍をスタートさせたのが2014年。その後、2019年1月にU-NEXTと、2015年に事業承継しました東芝さんの「BookPlace」を統合しまして、1つのアプリで動画も電子書籍も一緒に楽しんでいただけるというようなサービスを作りました。おかげさまで売り上げも伸びておりまして、現在の月間の売上規模で申しますと、この2年4ヶ月で6.4倍になっています。

――伸びがすごいですね。これは年々に順調に伸びていったのか、それとも去年の巣ごもり需要から一気に、という感じですか?

崎山 そうですね、巣ごもり需要で一気に加速したなという印象はありますが、最初の山があったのは2019年1月以降ですね。1つのアプリになったタイミングです。

中野 もともと別のアプリだったんですよね。「U-NEXTに入っていれば、BookPlaceアプリも利用できます」という説明はしていたんですけど、やっぱりなかなか伝わりづらくて。そもそもログインはどこからするの?ってところから迷われてる人も多かったんで、1つのアプリに統合することで、ユーザーが爆発的に増えたってのはありますね。

――たしかに使いやすさで全然違いますもんね。何度も押さなきゃいけないと、どんどん面倒くさくなっちゃって。

中野 そうですね。しかもサービス名も当時は「BookPlace for U-NEXT」っていう、一見違うサービスに見えるというのもありましたし、ウェブがメインだったんですけど、アプリがViewアプリで、ウェブもドメインがまたちょっと違ったりとかして。東芝さんから事業承継したっていうところもあって、U-NEXTと統一感がある形になっていなかったので、それでは売り伸ばしが難しかったんです。やはり統合したことが良い方向に向かったかなと思ってます。

U-NEXTの魅力のひとつはポイント還元率の高さ

――アピールポイント、他の書店との違いなどをお聞きしたいのですが、キーワードの“オールインワン・エンターテイメント・プラットフォーム”が、イチオシっていうことですよね。

崎山 はい。出版社さんからよく伸びるね、と言われるタイトルが、まさにメディア化された作品の原作であったり関連作だったりするので、そこで評価をいただくことが多いですね。

――弊社でも、5月28日から『2gether』の邦訳小説版とコミック版を合わせた施策をさせていただいたんですが、御社にたくさん売っていただきました、ありがとうございます!

中野 タイBLに関しては、動画は積極的に調達してまして、うちの独占コンテンツもかなり多いんですね。『2gether』もそのうちの1つで、タイBLは本当にコアなファンが多くて、小説やタイBLドラマを特集したようなムック本もよく買われています。なので、タイBLはビデオ側にすごくファンが多い。ちょっと話が派生しちゃうかもしれないんですけど、アジア系のドラマファンが多くて、韓国語の教本が英語よりも売れる傾向があります。

――なるほど、韓流は根強いですね。

中野 はい。漫画だけじゃなく、書籍でも動画で見られるものが売れやすい傾向にありますね。

崎山 テレビで話題になった作品が、ランキングに入ってくるのはよくあります。なので、エンタメにすごく興味がある人がユーザーにいらっしゃるところが、書籍にも影響が出やすいというところでしょうか。

――なるほど。月額会員の仕組みを説明していただけますか。

中野 月額2,189円をいただくんですけれど、毎月1,200円分のポイントが付与され、電子書籍の購入や動画のレンタルに使えます。さらに、その1,200円分のポイント以外の支払い方法で購入された場合は、最大40%をポイントで還元します。

――そんなに戻していいんですか!って感じの大盤振る舞いですね(笑)。

中野 そうですね(笑)。電子書籍サービスを専門でやってるところだとなかなか難しいと思いますが、うちの場合は動画配信サービスも提供しているっていうところがあるので、本に関してはできるだけユーザーさんに還元しようという考えかたです。あとはポイントで、どんどん本を買ってもらうのも戦略の1つにはなっています。

動画サービスだけだと、目的のものを見たら辞めてしまう人もいらっしゃるんですが、購入した本が本棚にずっと残ってるっていうのは、解約率を下げる1つの要素になってくるのでは? と仮説を立てて、アプリを1つにすることで、解約せず月額サービスを継続してくれるお客さんを増やす狙いでやってます。なので、本はどんどん買ってもらって、自分のアカウントを残して使っていただきたいですね。

――言われてみれば、たしかに…。すごい戦略ですね。月額会員になったら、アプリのみじゃなくて、サイト利用もできるわけですよね。

崎山 はい。これは動画ですけれど、テレビでの提供もしておりますので、デバイスもお選びいただいて使っていただける環境をつくってます。

――なるほど、やっぱり電子書籍が見られるのはアプリが多いですか?

崎山 そうですね。基本的にはアプリが多いですね。

――雑誌も読み放題で電子書籍も読めて、動画も見れて、音楽も聞けるのであれば、このアプリだけでエンタメが楽しめるじゃないですか!

崎山 そうですね。どっぷりとハマっていただいてるお客さんに関しては、いろいろ楽しんでいただける作りになってると思います。

キャッチコピーは“観るのも読むのも、これひとつ。”

――それでは、電子書店員としての普段のお仕事についてお伺いしようと思うのですが、リアルの書店を見回ってらっしゃるんですか? 電子書店員さんですよね(笑)。

崎山 そうですね、ちょっと不思議な表現してしまったんですけど(笑)。キャンペーンとか、その時々に合わせた特集であったりとか、SNSを使ったプロモーションをしながら、どうやって伸ばしていくかっていうところを常に考えています。そのなかで一番活用しているのが、お客様のログデータだったりとか、出版社さんや取次さんから教えていただいたりと情報収集をして、U-NEXTなりにどういうサービス作りをしたらいいのかな、どういうのが好まれるのかなっていうことを考えているので、リアルな書店を見回るのと感覚としては近いのかなとは思って、書店を見回ってるという表現をしました。

中野 そうですね。何を推すかっていうところで、動画の調達する部署とも連携することもあります。例えば、さっきの『2gether』みたいに、すごく注目されるコンテンツが今度入るんだよ、みたいなところをキャッチアップして、電子書籍と一緒にプロモーションするとかいうようなことも、部署横断でやったりとかしてますね。

――それができるのはいいですよね。部署が違うとなかなかコミュニケーションがスムーズにいかない、なんてこともあるじゃないですか。

中野 そうですね、そこは割と近い関係だとは思います。さっきのアプリを統合した当初は、まだビデオとブックって別な感じもあったんですけど、だんだんU-NEXTのサービスとして、両方あるってことが他のサービスにない強みだよね、というのが浸透していってますね。今だと、アプリを開いていただいたときの目立つところに、“観るのも読むのも、これひとつ。”ってコピーが入ってます。これはU-NEXTとしては観るもそうだし、読むもそう、これ一つで楽しめますよっていうところが、ユーザーさんに支持していただけていると思ってます。

――サイトを拝見すると、価格キャンペーンが並んでる以外に「使える時短簡単レシピ」や「健康のススメ」など、まさに情報収集をして、今これをピックアップしようって考えられていらっしゃいますね。

崎山 はい、おっしゃる通りです。毎日毎日新作の作品はたくさんありますが、その中から、最近話題になっているところをキャッチした担当者が、特集のブロックを組んでます。直木賞や芥川賞の発表などがあれば、その受賞作品をまとめた特集を作ってみたりとか。

あとは宣伝になりますが『花束みたいな恋をした』というヒット映画がU-NEXT独占での配信が始まりまして、この作品は書籍や漫画をフィーチャーしていたので、そこに出てきた作品をまとめた特集を作ってみたり、というようなことをしてます。まさに動画のユーザー、邦画をご覧になった人が、劇中で出てきたあの本を読んでみたいな、と思われたときに、探しやすいよう考えて特集を組んでますね。

中野 他のストアさんがどうしてるかわかんないんですけど、U-NEXTの場合、その特集をすごく簡単に作れるような仕様になってて、数時間で作れちゃったりするんですね。

――即効性のあるサイト作りをされてるんですね。

中野 そうですね、比較的そこはスピーディーにできるかなと思います。

――あと、気づいたのは、御社が動画を配信されてるからかもしれませんが、背景が黒ですよね。電子書店ではそんなに多くないと思うんですけど。

中野 あ、なるほど。たしかにそうですね(笑)。

――書影が目立つなと思って。

中野 ユーザーインタビューをしたことがあるんですけど、この黒が好きな人からはシンプルでクールな感じで、ごちゃごちゃしてなくて見やすいといった評価はいただけますね。

電子書店でもお客さんの顔は思い浮かべられる

――書店員としての面白さを感じる場面をお伺いしたいんですが、先ほどおっしゃってたような分析と、掘り下げのところがやりがいがあるということですね。

崎山 そうですね、他にもいろいろあるとは思ってるんですけれども、やっぱり電子とリアルで大きく違うところで言うと、お客様と対面する機会があるかないかっていうところが一番大きいと思ってます。なので、電子だとお客様の顔が見えづらいっていうのが悩みなんですが、ユーザーインタビューも積極的に行って、お客様の直の声を伺うようにしています。

そういった定性調査の結果やユーザーの行動ログを集積して、こういう人はこういう作品を好みそうだなとか、こういう特集を作ってみよう、キャンペーンやってみようなど、ユーザー像をぼんやりではあるんですけども、思い浮かべながらやることができています。お客様のニーズを予測して施策を打つ、そこで結果が出ることで感動とか面白みを得るっていうのは、電子だとしても感じることができるんじゃないかなと思います。

――そういう細かな分析をして、フォローしてるというか。

崎山 そうですね、そうしようと努力しているというところでしょうか。

――素晴らしいですね。他の書店でもデータ分析はしていると思うんですけど、御社は動画だったりとかも合わせて見られるから、人物像がよりリアルになるんじゃないかと思ったんですが。

崎山 おっしゃる通り、いろんな趣味嗜好の面を、音楽・動画・書籍など、それぞれから情報を得られるので、よりリアルになるかもしれないですね。

ストイックな「U-NEXTの中の人」

――苦労や悩みの部分なんですけど、他の電子書店さんでも聞く話なんですが、やはり人数が足りないってところですかね。

崎山 そうですね。取り扱う量に対して、本当に人数が少ないなって。なので作品1本1本への向き合いかたとか、情報収集の仕方とかが、どうしても効率性を求めてしまうので、何かもう少し無駄な時間を含めて、じっくりと向き合える時間が各々取れたら、もうちょっと豊かかなとは思いますけども、まあこれは努力次第かなっていうところもあるので(笑)。

――最後の「努力次第かもしれません」が、すごくストイック!(笑)

崎山 いやいや(笑)。チームのみんながどう思ってるかわからないんですけど、それぞれが好きなジャンルとか、興味があることを、お喋りのレベルですけど発表する場もあるので、個人のアンテナや情報収集というところで、もう少しゆっくりゆったりできたら、もうちょっと肩の力が抜けていいのかなっていう感じもします。

――なるほど。でも、そうやってチーム内での共有がちゃんとされてるのっていいですね。忙しいとなかなかこう、会話がなくなりそうな感じもするんですが、ちゃんとその時間を取られてるということですね。

崎山 そうですね。このコロナ禍から我々もリモートワーク体制に入りまして。もうほとんど会社に行ってない状態が続いてるんですけど、定期的に打ち合わせをする場をもちろん持ってて、その前後とかで雑談できる時間っていうのは、取れるだけ取りたいなっていう思いでやってます。

――じゃあ、皆さん出社されてないんですね。

崎山 そうですね、基本的にはどこでお仕事してもいいよ、というような状況になっておりまして、打ち合わせのために出社ってこともあるにはあるんですけれども、そういったことがないんであれば。基本的には自身の考えでやってます。

――なるほど。じゃあリモートの達人みたいなりました?

中野 いや~(笑)。最近はSlackを使っていて、チャット感覚で聞けるような感じになってるので、何か改まった感じでやりとりする感じではないですね。反面、気軽に聞ける環境にはなってます。

――ネット環境が整っていないと、なかなか難しいじゃないですか。

中野 そうですよね。ただ比較的、Slackとか、その辺はコロナだからってわけじゃなくて、その前から先んじて導入してたんで、比較的そこはスムーズだったのかなと、今になって思います。

――ネット関係に強そうなイメージがあります。

中野 そうですね、エンジニアがもちろん社内にいるんですけど。動画も含めて、自分たちでサービスを作っていくっていうような考えかたなので、ネットだけじゃなくてサービスの仕組みとかにもこだわっていますし、知識がつきやすい環境ではあるかなと思います。

――「簡単レシピ」とか「健康のススメ」とかを、膨大な量の作品からピックアップしていらっしゃるんですよね。

崎山 そうですね、きちんとピックアップできてるのかなっていう不安はありながらですが、楽しい時間ですね。

――そういうのって書影で選んだりとか、内容紹介を見る感じですか?

崎山 そうですね、基本は書影です。最近では電子化もあってだとは思うんですけど、書影でも内容が一目でわかるように書かれていて、写真や絵もありますんで、そこでパッと判断して、迷うものに関しては紹介文を読んだりとか。あとはネット検索を使って、この特集にはこのタイトルが合うんじゃないかな、っていうところでピックアップさせていただいてます。

――ユーザーだけでなく、書店員さんにも書影は大事だってことですね(笑)。

崎山 あー! そうかもしれないですね(笑)。

オリジナルコンテンツは豪華なラインナップ

――御社ならでは販促方法を聞かせていただきたいのですが。

崎山 動画と書籍を絡めた企画、大きいキャンペーンを春夏秋冬のクールごとに行っています。あとツイッターもいくつかアカウントを、ジャンルごとに設けていて、全部ではないんですけれども、例えば@watch_UNEXT_Aというのは、漫画とアニメの情報を発信する公式Twitterと位置づけていて、こちらで企画の発信だったりだとか、お客様に問いかけてみたりってこともしますし、企画以外の日々の情報の発信というものも行ってます。

――御社のオリジナルで小説の連載もされてるじゃないですか。そうそうたる作家陣がラインナップされてますよね。

崎山 そうおっしゃっていただくことが多いですね。去年の8月にオリジナル書籍というような形でスタートしてます。月額会員であれば読み放題で楽しんでいただけるコンテンツになっています。

――書籍化はされてないんですか?

崎山 はい、一部は紙での書籍化もしています。

――すごい。試みがいろいろありますね。

崎山 いろいろとチャレンジしております。

「U-NEXTの中の人」が薦めるマンガとは?

――御社ならではの売れている本やジャンルでいうと、メディア化されたコミックってことですね。

崎山 そうですね、やはり漫画が多いです。文字ものを含めてもコミックが多くて、その中でもメディア化された作品が比較的に目立つような印象です。

――20代以下のユーザーが多いんですね。30代や40代がボリューム層かなって思っていたので意外に思いました。

崎山 はい。特徴のひとつだと思ってます。コミックのユーザーの5割程度が20代以下です。学生さんも含めてですが半分ぐらい占めている、作品によってはそれ以上のときもある、ということを出版社さんに伝えると「これから漫画文化を育ててもらいたい人たちにタッチできるっていうのは、すごいポジティブです」といった声をいただきます。おそらく動画を見るのが若年層に多い所からスタートした、というのもあるのかなと考えてます。

――すごく明るい未来ですよね。次に、この本を仕掛けて売れましたということでいうと「次にくるマンガ大賞」のことになるんでしょうか。

崎山 はい。こちらも特別協賛という形で2019年からお取り組みをさせていただいてまして、我々がU-NEXT賞というような形でウェブとコミックの両方選出させていただいています。我々の観点でU-NEXTらしく「メディア化してみたいな」と思える作品、というのを頭に置きながら審査をしています。

――この本を仕掛けて売れました、というよりは、この本を仕掛けてアニメ化しました!って。

崎山 それで売ってくれたらいいな、という思いも込めて(笑)。たぶん、火がつきやすい環境にあるので、アニメと漫画がシナジーをもって売れるっていうところが、この賞を通じてできればいいなと思います。

――なるほど、ありがとうございます。個人的に推したい本を一冊ずつ出していただいてるんですけども、中野さんが『見える子ちゃん』(KADOKAWA)。

〇見える子ちゃん (1)

見える子ちゃん 1(マンガ) - 電子書籍 | U-NEXT 初回600円分無料

見える子ちゃん 1(マンガ) – 電子書籍 | U-NEXT 初回600円分無料

「31日間無料トライアル」初回登録で600円分のポイントプレゼント!ポイントは最新コミックの購入や、最新映画の視聴にご利用可能。更に…

中野 はい。最近ハマったんですけど、もともと普通のバトル漫画も好きだし、ギャグ漫画も好きだし、ジョジョとかも大好きなんですけど。この『見える子ちゃん』は、1話完結で読みやすいんですが、可愛い女子高生がいる日常の漫画かと思いきや、そのものすごくグロテスクな異形のモンスターみたいのが見えてしまって、驚くかと思いきや、そのままシカトするっていう(笑)。

――この完全にシカトするっていうのが面白くて、私もアニメの公式サイトをちょっと見にいったんです。そしたらまだシカトをする前でそのティザーが終わっちゃって、どんなふうにシカトするのか見たかったのに(笑)。

中野 そう! なんかそれだけなんです。それが毎話毎話いろんな日常のなかで、見えちゃうんですけど、ただ完全にシカトするっていう(笑)。

――面白いですね(笑)。そして、崎山さんが『ダンスダンスダンスール』(小学館)を挙げてくださいました。

〇ダンス・ダンス・ダンスール (1)

ダンス・ダンス・ダンスール(1)(マンガ) - 電子書籍 | U-NEXT 初回600円分無料

ダンス・ダンス・ダンスール(1)(マンガ) – 電子書籍 | U-NEXT 初回600円分無料

「31日間無料トライアル」初回登録で600円分のポイントプレゼント!ポイントは最新コミックの購入や、最新映画の視聴にご利用可能。更に…

崎山 はい。ファンタジーとか漫画らしい世界観よりも、リアルな世界を漫画らしく描く作品が好きなんですね。この作品に関しては、男性が主人公のバレエ漫画っていうところで、少し珍しさもあったりして読み始めたんですけれど、ダンスの描写がすごい躍動感で素晴らしいなと思ったのと、これがアニメ化されるっていう情報を聞きまして、どういうふうに表現していくんだろうなっていうところが興味があるので、ここにピックアップさせていただきました。

――なるほど。それは楽しみですね。

崎山 そうですね。どこまで表現されるのかなっていうのが、作品のファンとして見てみたいです。

動画・書籍・音楽で時間を取り合うことはない

――それでは最後に、これから取り組んでいきたいことについてお聞きしたいんですが、“オールインワン・エンターテイメント・プラットフォーム”を強化されるということでしょうか。

崎山 そうですね! そこがU-NEXTの大きな強みだと思ってますので。うちの場合、月額会員の方に2,000円近く払っていただいてまして、良い意味でエンタメにお金を惜しまない人がたくさんいらっしゃるという環境にあります。動画がきっかけで入っていただくことが多いので、U-NEXTには小説も雑誌もあったんだって気づいてもらって、普段は本屋に行って買う習慣はないけど、ポイントを使って読めるんだったら読んでみたいなっていう方々に、どうアプローチするかというのを考えてます。

――スマホの普及で電子書籍も一緒に伸びたと思っているんですけど、その代わりに、そのひとつの画面でゲーム・動画・電子書籍が時間を取り合うみたいなイメージがあったんですね。ただ御社の取り組みのかたちだと、共存というか、仲良しの未来がちょっと見える感じで(笑)。いいなと思いました。

崎山 そうですね。ある調査会社さんから伺ったんですけれども、動画と書籍と音楽とありますけど、時間を取り合うことはない。どんどん上積みしていくというような調査結果が、今のところ出ているそうなので、そこを信じていますし、そういう環境を伸ばしていければな、というような感じです。

――へー! 取り合うんじゃなくて増えていくんですね。それはありがたい情報です。

崎山 電子書籍という業界で大きく見ますと、いろんなストアさんが無料とか、読み放題を楽しめるっていうところで、新たな電子書籍の楽しみかた、売りかたを提供されていて。そのなかで、U-NEXTでも新しいジャンルとか、販売方法に積極的にチャレンジしたいなと思ってます。

そして、U-NEXTのお客様って何を求められているのかなっていうことは、常に考えていきたいと思っています。いろいろあるサービスのなかからU-NEXTを選んでいただいたので、あれもできてこれもできて、運営としては良い意味で離れられない、という状況にしていきたいなっていうのは、電子書籍の部署だけでなくて、各部門が思ってることですね。

――おふたりもそうですが、U-NEXTの会社としての温かみも感じさせていただきました、今日はありがとうございました!

〇U-NEXT 観るのも読むのも、これひとつ。

U-NEXT(ユーネクスト)-映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで-│31日間無料トライアル

U-NEXT(ユーネクスト)-映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで-│31日間無料トライアル

映画 / ドラマ/ アニメ / 電子書籍を観るならU-NEXT(ユーネクスト)。名作はもちろん最新作


関連記事リンク(外部サイト)

「創作文化のエコシステムを構築したい」pixivコミックが目指す"夢を叶えられる場所"
音声×本! 電子書店Reader Storeが目指す未来につながる“紙の進化形”とは?
紀伊國屋書店が運営するKinoppy「読書の新しい可能性を探っていく」

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧