「バッタービヨンド!」“飛ぶバット”と“エラーしにくいグラブ”開発秘話

access_time create folder生活・趣味

「バッタービヨンド!」“飛ぶバット”と“エラーしにくいグラブ”開発秘話

軟式野球経験者のあいだでは「飛ぶバット」として有名なビヨンドマックス。通常の金属バットよりも1~2割ほど大きい反発力を実現したのは、ミズノが得意とする「異素材との組み合わせ」だった。一方、同様のプロセスで開発された「エラーをしないグラブ」はまったく売れなかったという。双方の開発秘話をブランド戦略コンサルタント・村尾隆介氏が教えてくれました。

※本記事は、村尾隆介:著『ミズノ本 – 世界で愛される“日本的企業”の秘密 -』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

「ビヨンド」開発は全日本軟式野球連盟からの依頼


▲ビヨンドマックス 出典:『ミズノ本』(小社刊)

軟式野球の革命と呼ばれるバットが〈ビヨンドマックス〉。リリース当初、打者がビヨンドマックスを手にバッターボックスに入ると、キャッチャーが「バッタービヨンド!」と声をかけ、野手が守備位置を下げるというのが当たり前という現象を引き起こしました。

ミズノが2002年に世に送り出して以来、その進化は止まることを知らず、従来の金属バットと比べて反発力は1〜2割大きくなっています。

「そんな飛び道具を使うのはズルいんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。ところが、この「飛ぶバット」の開発を依頼したのは、他ならぬ全日本軟式野球連盟でした。

日本では「男の子の遊びといえば野球」だった時代があります。その子どもたちが大人になったときは、会社でも町内でも気軽に草野球が行われていました。しかし娯楽の多様化により、野球をやらない子どもが増えれば、当然、大人になっても野球をやりません。

草野球人口はどんどん減っていきます。そうなると残るのは、ある程度本格的に野球をやっていた人たちになり、競技レベルがあがっていきます。従来、軟式野球は打球の飛距離が出にくいため得点が入りにくい。投手戦になる傾向にありました。どちらのチームも条件は同じなのですが、投手以外の選手たちにとっては、ヒットが打てないがゆえに、フラストレーションのたまる遊びになっていたのです。

そこで、全日本軟式野球連盟からミズノに「もうちょっと飛ぶバットをつくってもらえないか」という話がやってきたというわけです。

ところが、どんなに堅い素材でバットをつくっても、インパクトの瞬間にボールが、グニャリと潰れて変形してしまい、そのせいでボールが飛んでいきません。

困った末に出てきた新発想が「ボールの変形を防ぐために、バットのほうを変形させてしまったらどうか」というもの。こうしてミズノが得意なFRP(繊維強化プラスチック)を芯にし、それをランニングシューズのミッドソールなどに使用する、エーテル系発泡ポリウレタンという柔らかな素材で覆った初代ビヨンドマックスが誕生しました。

こんな逆転の発想が社内から出てきたのも、普段から基礎研究の蓄積があったからこそ。また、その後も次々と改良が加えられたのも、異素材の組み合わせが得意なミズノのカルチャーがあったからこそと言えます。

軟式野球に楽しさを取り戻し、今日も全国のフィールドで草野球愛好家とキッズたちの想い出をつくっている〈ビヨンドマックス〉。極めてミズノらしい革命的なプロダクトです。

まったく売れなかった「エラーをしないグラブ」

とは言え、ミズノ発の数々のアイデアにも失敗はあります。

それは2006年のこと、野球界を変えた発明〈ビヨンドマックス〉に続けと、これまた斬新な発想の軟式野球用グラブがミズノから発売されました。


▲フィールディングマックス 出典:『ミズノ本』(小社刊)

その名は〈フィールディングマックス〉。軟式のボールは、プレイヤーがグラブの捕球面でしっかりキャッチしたとしても、ポケットにすっぽりとは収まらずに、跳ね返ってしまいがちです。せっかくいいプレイをしたのに、それが原因でグラブからボールが飛び出してしまい、結果エラーとなることもしばしば。

そこでフィールディングマックス。「エラーしにくい」がウリのグラブです。その最大の特徴はボールを捕るグラブのポケットにありました。入り口につけた4つの突起物。本来ならスムーズな革である部分に、ウレタン製のツメを4つつけたのです。

「これならグラブに入ったボールが、グラブから跳ね返って出ていくことはない」と、軟式野球での困りごとの解決策になるだろうと、絶対の自信でリリースしました。

が、そのウレタンの4つのツメ……「マジッククロー」と名づけたのですが、その見慣れないパーツに野球人の反応はイマイチ。結果として売れ行きはサッパリ、在庫の山をつくってしまいました。

その理由の多くが、なんとも皮肉なもので「このグラブでボールを捕るのはズル」だと言われたのだとか(笑)。

ビヨンドマックスでホームランを打つのはOKだけれど、フィールディングマックスでエラーを減らすのはダメ……。なかなかどうしてビジネスは難しいものです。


関連記事リンク(外部サイト)

競技用義足・ブレードで最先端を走るミズノと今仙のカーボン技術
「来るところを間違えた」野球YouTuberトクサンの知られざる高校時代
子どもにも教えたい『パワーポジション』で変わる最新打撃理論

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧