年間400杯のラーメンを食べる異色の日本ランカー・ジロリアン陸が味わう天国と地獄

access_time create folder生活・趣味

年間400杯のラーメンを食べる異色の日本ランカー・ジロリアン陸が味わう天国と地獄

ストイックな世界の極地ともいえるボクシングと高カロリーのラーメン。素人目にも相性最悪に思える2つの組み合わせを生活の軸として活動する男がいる。現役のプロボクサーであり、ラーメンを食べまくるYouTuberであり、マジシャンでもある異色のプロボクサー・ジロリアン陸(33)だ。

ボクサーとして現在、5連勝中(かつ3連続KO勝利)と波に乗るバリバリの日本ランカー(ライト級)。年間400杯ペース(!)でラーメンを食べまくり、甘いものも大好きという異色のボクサーは、どのように形成されていったのか? その生きざまとラーメン愛に迫った。

芸人ボクサーに負けて入ったスイッチ

――陸さんのYouTube『ジロリアン陸のチャンネル。』、めちゃめちゃ好きで、よく拝見させていただいてます!

 ありがとうございます。でも、女性の登録者数がこんなことある? ってくらい少ないんですけどね(苦笑)。2%切ってるくらいなんで。まあ、女子ウケする内容でもないので、仕方ないかなとは思いますけど。

〇ジロリアン陸のチャンネル。[YouTube]

ジロリアン陸のチャンネル。

ジロリアン陸のチャンネル。

ラーメンとか食べたりなんかしたりします

――男ウケは抜群だと思います(笑)。ボクサーになる前は、テレビ関係の仕事をされていたんですよね?

 はい。映像系の専門学校を出て上京してから、テレビの会社に就職してテレビカメラマンをやってました。カメラマンの仕事は6~7年続けたんですけど、仕事と並行してボクシングのプロライセンスも取ったんです。そして26歳のときに、お笑いトリオ『ロバート』の山本(博)さんとプロデビュー戦を闘うことになりまして。

――プロデビュー戦がロバートの山本さんということで、陸さんも注目されたんじゃないですか?

 そうですね。山本さんもデビュー戦だったので、テレビ朝日の『(クイズプレゼンバラエティー)Qさま!!』のカメラが入ったんです。それで結果的に僕も注目されたというか。ボクシングって、基本的にランキングに入ってない限りは37歳で引退しなきゃいけないんですけど、山本さんの場合はライセンスを失効する前に、プロで1試合やっておきたいっていう感じだったんですよね。

――そういうことだったんですか。結果的に、ここで山本さんに負けたのが悔しくてプロに専念されたとか。

 そうですね。単純に負けてちょっと恥ずかしいというか、悔しい気持ちもあったし、テレビの仕事はどうしても深夜だったり時間も不規則なので、練習もなかなか行けなかったりしたんですよね。だから、仕事を辞めてボクシングを本気でやってみようと。


▲ロバート山本さんに負けたことがプロに専念するきっかけになったと語る陸さん

――そこで仕事を辞めちゃう覚悟がすごいですよね。

 ようやくアシスタント期間が終わって、カメラマンになって、という時期だったんで、会社的には「やっと育てて、ちょうどこれから」というところだったんですけど。

――せっかくキツいアシスタント時代を乗り切ったのに。

 そうですね(苦笑)。有名な番組とかもいろいろ携わらせてもらって、すごく楽しかったし、休業や部署移動なんかも提案してくれたんですけど、辞めようと。

――葛藤はなかったんですか? 安定した生活を捨てることに。

 うちの会社は正直、給料も良かったんですよ。「お前、辞めたら、もう1回うちの会社ぐらい給料のいい会社に勤められる可能性はもうほとんどないよ?」って言われて、確かにそうだなとは思ったんです。でも、不思議と辞めることに葛藤はなかったんですよね。負けて悔しかったのもあるし、これはみんな言いますけど、“リングに1回上がったら辞められない”というか。

減量地獄に勝るラーメン愛

――リングの魔力というやつですね。負けたけど、またすぐに試合したいと思ったわけですか。

 すぐ試合したいなと思ったんですけど、その当時のままだと勝てる実力がないとはわかっていたんで、そこから1年間はボクシングに打ち込みましたね。デビューから約1年後に、2戦目で初勝利を挙げたんですけど、デビュー戦から2戦目までの期間は、自分の中でいちばん強くなった期間かな、という自負があります。


▲普段ラーメンばかり食べているとは思えない鍛え抜かれた肉体 写真:kaneshin

――そこから勝ち続けて、すべてKO勝ちの8連勝で、2017年度東日本スーパーフェザー級新人王にまでなったのが、すごいです。そもそもボクシングを始めたキッカケは、なんだったんですか?

 単純に、上にいけるかなっていう変な自信はあったんですよ。小中高は野球をやってたんですけど、学校の体力測定とか、野球部のなかでのテストとかでも毎回上位だったんで。プラス、いとこがキックボクシングのKrushとかRIZEという団体の元チャンピオン(板橋寛)だったんですけど、いとこの試合を見に行ったりしてるうちに触発された部分もあって。でも、蹴りは痛そうなんで、ボクシングにした感じで(笑)。

――そんな陸さんといえば、ラーメンとセットみたいなところがありますけど、そもそもラーメンとボクシングの組み合わせって「悪」でしかないですよね。両立させていくことって、相当大変じゃないですか?

 そうですね。やっぱ減量がキツいですし、体には良くないですね(笑)。

――“ラーメン断ち”はいつくらいから?

 前回は、試合の1カ月半前ぐらいから始めました。序盤はラーメンは食べてもあっさりめのやつとか、あとは大盛りにしないとか、ご飯はつけないとか、そういうとこから始めて、完全にラーメンを断つのは3週間前ぐらいからですかね。

――YouTubeで拝見しましたけど、試合前日に、あと3キロ水抜き(体内の水分を一時的に抜くことで体重を軽くし、計量をクリアする作業)みたいな減量とかやられてますもんね?

 はい。自分は、前日にあと4キロだったら大丈夫な範囲っていう感じで。これは自分の中での線引きですけど、前日、朝起きて4キロオーバーだったら、なんとかなるなっていう。でも、僕みたいに試合に向けての減量で14~5キロ落とす選手は、あんまり周りでも聞かないですね。だいたい8キロとか、多くても10キロぐらいだと思うんですけど。

――ラーメンばっか食べなきゃ、そんなことにならないんですけどね(笑)。ラーメンは年間400杯くらい食べるそうですけど、昔から好きなんですか?

 いや、地元の宮城にいたときは、そこまで食べ歩くような感じでもなくて。やっぱり上京して、ラーメン二郎に出会ってからですかね。

――やっぱり目覚めは二郎なんですね。専門学校は東京ですか?

 専門学校は地元の仙台なんですけど、17歳で東京に遊びに行ったとき、初めて松戸でラーメン二郎を食べたんですよ。そのときは正直『まあ、おいしいけど、そんなにみんなが言うほどかな?』っていう感じだったんです。で、新宿から仙台に戻る深夜バスを待つ間に、ラーメン二郎が歌舞伎町にもあったんで、そこでも食べて。それで地元に帰ったら、もうラーメン二郎がめちゃくちゃ食べたくなって、ホント夢にまで出てきたんですよ(笑)。


▲おいしそうにすすっています

――夢にまで!(笑)

 当時、仙台には二郎がなかったんですけど、インスパイア系が1軒だけあって、そこにはめちゃくちゃ通いましたね。そこから地元でもラーメンを頻繁に食べるようになって、上京してからはラーメン二郎をメインとして、いろんなラーメン屋さんを食べ歩くようになりました。

本家に認められてリングネームも公認に

――陸さん、二郎は全店制覇されてますもんね?

 そうですね(笑)、41店舗。京都、札幌、新潟……全部、そのためだけに行って。ボクシングを始めて「ジロリアン陸」ってリングネームを登録するときにも、創業者で三田本店店主の山田(拓美)さんに許可をもらいに行こうかな、と考えたりもしたんですよ。でも、その勇気も出ず……。で、僕が東日本新人王の予選を勝ち進んでいる間に、名前を知ってくださったらしくて。決勝戦には山田さんも見に来てくださって、そこからは毎回、試合にも来ていただいています。

――今は公認ですもんね。でも、ラーメン年間400杯って半分ネタじゃないと行かない数だと思うんですよ。

 2014、2015年くらいから加速していった感じはありますね。それからはコンスタントに毎年、300何十杯は食べていて。年間400杯ペースになったのは、YouTube始めたのも大きかったかもしれないですね。

――食べない日は、ほぼないですか?

 たまにありますけど、2杯食べたりする日もあるんで。昨日は動画撮って、3杯食べたりとか。そもそも僕、ご飯食べるときに、ラーメン以外の選択肢が浮かばないんですよ。

――そんなことあります?(笑)

 ほかの人は何食べてんのかな? って思うんですよね。僕は自炊とかまったくしないんで、どこかお店で食べるってなったら、ラーメン以外に何があるんだろう? と思って。定食とかも好きですけど、どうしても定食を食べたいっていうときは、そんなにないんですよね。

――変な話、デートのときはどうするんですか?

 僕はニンニクも大好きなんで、ラーメンによってはニンニクをかなり入れるんですよ。だから『一緒にニンニク臭くなろうよ』っていうのが理想なんですけど、なかなかそれも……(苦笑)。

――そういう方が見つかることを祈ってます(笑)。ボクシングのほうは、現在、ライト級の日本ランキング11位ということで、このまま勝ち続ければ、日本タイトル挑戦の機運も高まってきますよね?

 そうですね。でも、僕のいるライト級は、いま特に層が厚いって言われている階級なんですよ。日本も世界もライト級はいい選手がひしめく感じで、ライト級の上を見るとハンパじゃない人たちがいっぱいいるんで。そこを抑えて上にいくのは現実的に難しいかなーとも思うんですよね。

――ぜひ、このままランクを上げて、日本タイトルまでいってほしいですけどね。

 そうですね、ちょっとまあ……頑張ります。

――なんで消極的なんですか(笑)。陸さんの最終的に目指すところって、どこなんですか?

 どこなんですかね? 今は好きなことやってるだけなんで、まったく考えてなくて、ちょっと将来が不安にはなるんですけど。いまさら会社員に戻れないし、何で食っていくかなってところはありますよね。

――でも、今は好きなことをやっていると。

 そうですね。僕個人としては、勝ち負けよりも、お客さんに喜んでもらいたいんですよ。やっぱりプロなんで。勝ち負けだけだったら、アマチュアでもいいと思うし。YouTubeもそうですし、マジックもそうなんですけど、見てる人たちに楽しんでもらえることが、僕の最大のモチベーションなんですよね。マジックに関しては、気が向いたときに渋谷や池袋の路上でやっているので、見かけたら、ぜひ立ち止まってください!(笑)


▲マジックの腕前もプロ級の陸さん

(注)インタビュー中は、出演者、スタッフともにマスクを着用しています。

プロフィール


 
ジロリアン陸
1988年5月26日生まれ。宮城県出身。フラッシュ赤羽ボクシングジム所属。テレビカメラマンを経て、プロボクサーに転向。2017年東日本スーパーフェザー級新人王。現在はライト級。13勝(12KO)3敗。マジックの路上パフォーマーとしても不定期で活動中。Twitter(@jirolianriku)

〇ジロリアン陸のチャンネル。[YouTube]

ジロリアン陸のチャンネル。

ジロリアン陸のチャンネル。

ラーメンとか食べたりなんかしたりします。

〈青柳 直弥〉


関連記事リンク(外部サイト)

賛否両論のフジロック。現地取材で聞こえてきた参加者や地元の声
「戦力外選手」から会社経営者へ。嵜本晋輔のサッカーに恩返しをしたいという思い
ミスiDでも大注目のイ・リン「戦隊モノや特撮系に挑戦したい」

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧