信長采配ズバリ! 口うるさい京都人を治めるのに田舎者の秀吉を起用

access_time create folder生活・趣味

信長采配ズバリ! 口うるさい京都人を治めるのに田舎者の秀吉を起用

信長が足利義昭に誓った上洛の決意

美濃を征服したのち「天下布武」の印を使い始めて、中央政界へ進出する意欲を示された織田信長さまのところに、足利義昭さまが移ってこられたのは、永禄11年(1568年)夏のことでした。

義昭さまの兄である前将軍の義輝さまが、三好・松永の手にかかって殺されたのは、永禄8年(1565年)5月19日のことでございました。覚慶と名乗って奈良の興福寺におられた弟の義昭さまは、細川藤孝らの力添えで近江に逃げ込まれましたが、11月21日には、朝倉氏の本拠である一乗谷の安養寺に迎えられておられたのでございます。


▲安養寺 出典:PIXTA

しかし、朝倉家中では義景さまが義昭さまを奉じて上洛し、管領代のような地位について天下に号令したいと考えておられたとしても、越前の土豪たちは気乗り薄でございました。

現在は、福井県の人口は北陸四県でいちばん小さいのでございますが、伝統的には福井県が最大で、越前国の石高も越後国より上という豊かな国でしたので、十分、国人たちも満足していたのでございます。

そうしたところ、織田信長さまから、美濃征服が完了し、いよいよ義昭さまと一緒に上洛する準備が整ったと言ってきたものでございますから、話はとんとん拍子に進みました。

義昭さまは越前を出発し、浅井長政さまの居城である小谷城の麓にある清水館に滞在されたのち、7月に岐阜市西部にある立政寺という浄土宗のお寺に到着されました。

信長さまは義昭に銅銭・太刀・武具などを進呈され、上洛への決意を申し上げられたのでございます。

このときに、大活躍されたのが明智光秀さまでございます。帰蝶さまの母親である小見の方の縁者でおられることは以前にお話しいたしましたが、斎藤道三さまと義龍さまが争われた長良川の戦いのあと、国を離れられて、越前の朝倉さまのところや、京の細川藤孝さまのもとにおられました。

この時代は江戸時代と違い、主従の関係は終身で固定していたわけではありませんでしたし、客分とか与力とか、主従とはまた違う関係も多かったのでございます。

令和の世でいえば、代議士と秘書だとか地方議員の関係に似ていたのでございます。あちこち渡り鳥をしたり、貸し借りをしたりも多かったのです。 

義昭のライバルである第14代将軍・足利義栄

光秀さまは、藤孝さまとお知り合いになったのち、その客分のようなかたちで、将軍にお仕えになったり、近江高島郡の田中城(※1)での戦いで、幕府に近い武士の応援に出かけたりされていたことも記録に残っております。


▲田中城 出典:PIXTA

そのうちに、義昭さまが越前に移られると、土地勘があって朝倉家中にも知り合いが多いので重用されたのでございました。

そして、信長さまが美濃を手に入れられたのち、義昭さまを勝手知った岐阜に移す準備で活躍されたのが、光秀さまにおける信長さまとのつながりの始まりでございます。

この頃、義昭さまのライバルとして足利義栄(※2)さまという方が、第14代の征夷大将軍に就任されてましたので、この方についても申し上げておかねばなりません。義栄さまは、義昭さまの従兄弟でございます。

阿波の三好一党に庇護されて阿波平島(阿南市那賀川町)におられたのでございますが、義昭さまの兄である義輝さまを暗殺した三好三人衆に担がれて将軍になろうとされ、阿波から摂津に移られたのです。

そして、義昭さまと同等の官位をもらわれ、信長さまが上洛される年の2月には、朝廷に多額の献金をし、将軍宣下を受けられました。義昭さまや信長さまの動きが盛んになったので、少し無理をして先手を打ったわけでございます。

「機を見るに敏」すぐに行動する信長は京へ

ただ、京の治安も悪かったので、摂津富田の普門寺(高槻市)というところに留まられたまま、体調を崩されているという報せが岐阜にも来ていたのです。


▲普門寺 出典:PIXTA

信長さまは、このような様子を見てすぐに行動され、浅井長政さまが支配する近江佐和山城(彦根市)へ出向かれ、そこに7日間も滞在されて、近江南部を支配していた六角義賢(承禎)さまに協力するように交渉されたのでございました。

「京都所司代にして京の治安維持を任せる」とすら義賢さまに仰ったのです。ところが、義賢さまは義栄さまや三好三人衆の工作も受けており、言を左右にされるばかりでございましたので、信長さまは交渉を打ち切り、9月7日、岐阜から4万とも6万ともいう、それこそ未曾有の大軍を率いて近江に出陣されたのでございます。

信長さまは小さな城には目もくれず、六角氏の本拠地である観音寺山城、箕作城や和田城に的を絞られたのでございますが、このうち、9月12日に箕作城を攻めたのが、佐久間信盛に丹羽長秀、浅井正澄と私の夫である木下藤吉郎の軍勢だったわけです。

このとき、藤吉郎が何人ほどの兵を任されていたか詳しくは知りませんが、2000人とか藤吉郎は言っておりました。箕作城は大木が繁り、坂も急で昼間のうちには落とせませんでした。

そこで、蜂須賀小六たちが何百もの松明に火をつけ、常識外れの夜襲をかけたところ、守備兵たちは大混乱に陥り、その夜のうちには落城させたと藤吉郎は自慢しておりましたが、法螺が入っていると思います。

これを見て和田山城の守備隊も逃げ出してしまい、裸城になった観音寺城の六角義賢さまも逃げ出して甲賀郡の山中に隠れました。甲賀郡は忍者の里でございますが、複雑な地形であるうえに「甲賀五十三家」といわれる地侍たちが盤踞して、身を隠すには絶好の場所なのです。

信長さまは、観音寺城のある山の中腹にある桑実寺に、岐阜におられた義昭さまをお呼びになり、琵琶湖を船で渡り、大津の園城寺(三井寺)に入られました。こののち、園城寺と信長さまは深いつながりで結ばれたのでございました。のちの延暦寺焼き討ちの伏線として、比叡山と長く対立していた園城寺との関係があったのかもしれません。(※3)

そして、26日には入洛され、義昭さまは清水寺に、信長さまは東寺に入られました。三好三人衆は京から逃げ出したので、信長さまは義昭さまと一緒に摂津方面に彼らを掃討に出かけられました。ちょうどこの頃、義栄さまは腫れ物をこじらせて病床におられ、阿波に戻ったところで亡くなられたそうでございます。

義昭さまと信長さまは、かつて三好長慶さまが本拠地にされていたこともある芥川山城(高槻市)に入られ、ここで畿内各地の人々の挨拶を受けられました。とくに、松永久秀さまは、茶道の名物「つくもかみ」を献じられて信長さまを喜ばせたのでございます。

秀吉が今の世も京都の人に好かれる理由

そして、おふたりは10月18日に京へ戻られ、義昭さまは征夷大将軍となられました。義昭さまは、信長さまを副将軍か管領にと望まれたのでございますが、信長さまは固辞され、そのかわりに、堺・大津・草津に代官を置くことを認めてもらいました。

そして、10月26日には、早くも岐阜へ向かって帰られたのでございますが、京には佐久間信盛さま、丹羽長秀さまとともに藤吉郎も残していかれたのです。

うるさい京の人々を治めるのに、どうして藤吉郎のような成り上がり者を使われたかはわかりませんが、明智光秀さまのような京の人々の考えかたを理解し、格式を崩さずに応対する人だけでなく、無手勝流でおだてたり脅したりしながら柔軟に対処することができる藤吉郎もいるほうが、かえって京の人には良いと思われたのでないでしょうか。

今もそうですが「なんにも知らはらへん田舎のお人やさかいにしょうがありまへん」と京の人はいいます。「よそさん」として通すなら京は意外に過ごしやすいところなのでございます。

のちの日のことになりますが、秀吉は関白や太閤として京を治めたときも、死んでから豊国大明神として祀られてからも、京の人々からたいへん慕われていたのは確かで、なんとなく馬が合ったのでございます。

藤吉郎は、この年の師走には、信長さまから呼び出されて岐阜に帰ってまいりました。私たちに京土産を張り込んで持って帰ってくれたのはもちろんで、義母のなかや義理の姉妹たちも大喜びでございました。


▲信長さまに呼び出されたらすぐに駆けつけねばなりません イラスト:ウッケツハルコ

※1 田中城は高島市安曇川町所在。中江藤樹のいた藤樹書院の西4㎞。城主だった田中氏の一族から豊臣秀次の家老で、岡崎城主として岡崎の城下町を整備し、筑後柳河城主となった田中吉政が出ている。
※2 足利義栄の父である義維は、11代将軍義澄の子で10代将軍義稙の養子。義栄の母は大内義興の娘。
 
※3 園城寺(三井寺)は天台宗寺門派本山。このとき義昭が泊まったのは光浄院で、ここにはのちに信長も泊まったこともある。現在の客殿は1601年の建築だが、戦国時代の住宅建築として貴重で、戦国武将たちの暮らしであるとか、家臣などとどういう空間で接していたかを体験することができる。


関連記事リンク(外部サイト)

天下って畿内だけ? 秀吉がお市の方を狙ってた? 寧々が質問に答えます
「最初から決めてました」竹中半兵衛は信長ではなく秀吉を選んだ
実録・血で血を洗う斎藤家の仁義なき跡目争い!

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧