配給と同じような制度が日本の酪農を弱らせている実情

access_time create folder生活・趣味

配給と同じような制度が日本の酪農を弱らせている実情

戦後日本の経済を支えた酪農産業。牛乳も牛肉も世界で戦えるポテンシャルを持っている。現在の酪農産業に元気がないように見えるのは「政府による強い統制のせいだ」と国際政治アナリストで世界経済にも詳しい渡瀬裕哉氏は語ります。それでは日本の酪農家たちは、どこに目を向ければ良いのでしょうか?

※本記事は、渡瀬裕哉:著『無駄(規制)をやめたらいいことだらけ――令和の大減税と規制緩和』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

日本の牛乳は「おいしい」って知ってますか?

皆さんは、日本の牛乳がすごくおいしいのをご存じでしょうか。牛乳が好きだからとか、喉が渇いているからという話ではなく、海外に行ったことのある人は、まずうなずいてくれる話です。とにかく、日本の牛乳はおいしい。 


▲おいしい日本の牛乳 イメージ:PIXTA

牛乳が一般庶民に普及したのは、明治時代になってからのことです。古代に渡来人から献上された乳製品が貴族に珍重されたり、江戸時代に徳川吉宗が牛を飼って搾乳(さくにゅう)されたりしていましたが、明治時代にオランダ人からノウハウを学んで生産体制が整備されるとともに、日清戦争・日露戦争の際に傷病兵の栄養剤として一般に普及しました。

明治時代初期は、新しい国づくりをするため、いろいろな先進技術を海外から取り入れようと外国人の先生を雇います。昔の日本人は、自分たちの国が欧米列強に対して少し遅れた状態にあるなら、どんどん学んで新しい知識を得ようとしました。

新しいものに対する好奇心や、国を発展させようという使命感、強い列強に対して国の独立を保とうという思いのなかで、海外の良いものを取り入れ、自分たちも強い国にしようと考えたのです。

明治9年(1876)、北海道に札幌農学校が設立されます。日本で最初の官立農学校です。アメリカの農科大学からウィリアム・スミス・クラーク博士を招き、当時最先端の酪農技術を導入しました。札幌農学校の初代教頭となったクラーク博士は、植物学や自然科学を英語で教え、キリスト教の普及活動も行います。実習や実験に重きを置いた教育により、まだ始まったばかりだった北海道の開拓を指導できる人材を育てます。

クラーク博士が日本にいた期間は8か月と短い期間でしたが、農業や酪農などの基礎を北海道に築きました。「北海道開拓の父」とも言われます。


▲札幌農学校第2農場(北海道大学) 出典:PIXTA

クラーク博士が日本を去る際、教え子たちに残した「少年よ、大志を抱け」という言葉には、お金や名声を望んで頑張るというよりも、人間の本来持つべき志(こころざし)=「大志のために頑張ろうね」という意味合いがあったと言われます。

当時、これから欧米列強に追いついていこうとする新しい国・日本の人々に、事業やお金は大切だけれども、大事なことはそれだけではないという言葉を残した人です。

こうしたクラーク博士の精神を引き継ぐかのように、酪農事業は生産量や品質を向上させていき、戦前日本の大きな産業となります。昭和初期は農家が酪農を兼業することが奨励され、東南アジアへの輸出も増えました。

戦後は零細化した酪農家の集約化や生産技術の向上で、一度に多頭の乳牛を導入した生産量の大きな酪農家も増え、国民の栄養と健康の向上に貢献しています。


▲クラーク博士像 出典:PIXTA

日本の酪農を弱らせている原因は「需給調整」

ところが、現在の日本の酪農は、政府による統制が非常に強いことが産業をかえって弱らせています。酪農に限らず、日本の農業に共通するのは、統制の側面が強い産業だということです。基本となっているのは、需給調整です。

需給調整とは、市場で流通する量を政府が統制する仕組みです。市場で余らない程度がどれくらいかを予測し、生産から流通まで管理され、決められた価格で販売されるので、経営コストに見合わない部分については補助金を出し、輸入は規制されます。

こうした国民の食卓に日常的に上るような食品の需給調整は、政府主導によって行われています。なおかつ、地域ごとに生産・流通などで縄張りのようなものができ、地域内では競争もなるべく起こらないようにして全体的に統制しましょう、ということになるのです。

現在の制度では、もっと生産効率を上げ、供給量を増やす努力をするような生産者はあまり望まれていません。なおかつ、生産量が足りなくても、国内産業保護の名目で輸入を解禁することもないので、結局は生産性を下げているだけになっています。


▲スーパーなどで販売される乳製品 出典:PIXTA

製品がスーパーなど小売店で売られているため、一見すると市場経済だと勘違いされがちですが、これでは配給制と変わりません。実際には、スーパーで商品棚に並ぶまでの過程で、価格が固定されているからです。

生鮮品の仕入れや小売は、なかなか難しいものです。賞味期限が短いため、値引きが発生しやすいのです。農水省は小売業者に対して、仕入れ時の過度な値引き要求をしないように求めています。一方、この制度は小売や卸業者と生産者の協力による、価格の工夫などで新鮮な製品をたくさん売るという、インセンティブも働きづらい仕組みです。

これでは、最終的には消費者にとっても不利益です。より良い製品を必要なタイミングで手に入れることができないからです。商品がお店の棚からなくなったら、再び棚に並ぶまで何日も待たなければなりません。

現在は、それらの規制が酪農家を守っていることになっているのですが、逆に酪農家の数は減り続けています。実は、守ることができていないのです。戦後の復興から酪農を育ててきた面はあるにしても、古いスタイルの農業の形や、なおかつ少しだけ市場原理を活用した事実上の配給に近いような仕組みは、限界にきているのではないか、というのが現在の酪農の体制です。

食卓が“元気”になれば食の安全にもなる

酪農や農業に限らず、規制改革を行うと日本の産業は潰れてしまうのではないかと心配する声も聞きます。しかし、今、何もしなくても潰れていっているのです。酪農に関して言えば、酪農家の数も減っていれば、生産量や供給量も減っている状況にあります。今の制度下では、単純に産業が衰退していくだけです。

今の体制を続けていけば、日本の小さな市場のなかで、農家はジリ貧になっていくでしょう。現在の世界経済の状況では起こりにくいことですが、突然、世界中の貿易市場が閉じてしまうようなことが起こったとします。そんなとき、国内の生産力は急には増やせません。今の体制を変えて、海外市場に安定供給ができる力を持っておけば、もし海外の市場で何か起こっても、国内には農家の生産力がたくさん残るのです。

そうした体制の転換に成功した事例がひとつあります。同じ牛ですが、こちらは食肉です。

牛肉を保護していたときも、規制緩和で海外輸入の牛肉が入ってきたら、畜産農家は潰れてしまうと叫ばれていました。実際には、日本の畜産農家は「和牛」という高級ブランドを生み出します。生産コストに見合った値付けがされるので、国内消費者にも日常消費には手が出ない価格となりましたが、一方で和牛が外国に知られることで、海外産の牛肉も日本で売るために改良が進みました。消費者にとってこれは喜ばしいことです。

それだけでなく、人口が縮小していくことがわかっていて、購買力のない日本市場には、外国もコストをかけてわざわざ良い商品を売りにはきません。海外の伸びていく人口に対して、日本ブランドを十分に供給できるような「強い農家」を作っていくことが、日本経済を元気にします。

経済が元気なら、日本の市場は国産でも輸入でも商品が手に入り、食卓が元気になります。これは、日本にとって本当の意味での食糧安全保障につながるのです。


▲高級ブランド「和牛」の認知度は高まった イメージ:PIXTA

関連記事リンク(外部サイト)

5年近くもあったドラッグラグを1年にまで短縮した製薬産業の課題
注目されている北極海航路にも関わっている人工衛星ビジネスとは?
災害危機管理アドバイザーが警鐘「水害は早めの避難を!」

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WANI BOOKS NewsCrunch

WANI BOOKS NewsCrunch

出版社ワニブックスが運営するWEBマガジン。 “いまが旬!”のニュースをクランチ(=噛み砕いて)してお届けします。ここでしか読めない!見られない!オリジナルのエンタメコンテンツも満載。

ウェブサイト: https://wanibooks-newscrunch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧