マイクロソフトのクラウドゲーミングサービス「Xbox Cloud Gaming」は10月1日に日本で正式リリース Androidに加えてiOS/Windows/Mac/Chromebookでもプレイ可能に

access_time create folderゲーム

マイクロソフトは、国内では2020年11月からプレビュープログラムを提供してきたクラウドゲーミングサービス「Project xCloud」について、名称を「Xbox Cloud Gaming」として10月1日から正式リリースすることを発表しました。東京ゲームショウ2021で実施したライブ配信番組「Tokyo Game Show 2021 Xbox Live Stream」で明らかにしたもの。

クラウドゲーミングは定額制ゲームサービス「Xbox Game Pass Ultimate」のユーザーに向けて提供され、プレビュープログラムが利用できたAndroidデバイスに加えて、iOS/Windows/Mac/Chromebookのデバイスでも100タイトル以上のXboxゲームがプレイ可能になります。

スマートフォンやタブレット、PCにゲームコントローラーを接続してプレイできるだけでなく、多くのタイトルではスマートデバイスだけでプレイできるように、タッチコントロールにも対応しています。「SCARLET NEXUS」「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」「龍が如く7 光と闇の行方 インターナショナル」といったタイトルがタッチコントロールに対応。

Xbox Game Studiosが提供するタイトルについては、リリースと同時にXbox Game Passで利用可能になり、クラウドゲーミングにも対応します。11月9日にリリースされる「Forza Horizon 5」、11月15日にリリースされる「Halo Infinite」もクラウドゲーミングに対応。

各プラットフォームでのプレイ方法は下記の通り。

Android
・「Xbox Game Pass」アプリからクラウドゲーミングを起動可能
・対応ブラウザ(Chrome、Edge)で xbox.com/play を開いて起動可能
・プレビューで利用した「Xbox Game Streaming(Preview)」は廃止

iOS
・対応ブラウザ(Safari)で xbox.com/play を開いてクラウドゲーミングを起動可能

Windows
・Windowsアプリ「Xbox」からクラウドゲーミングを起動可能
・対応ブラウザ(Chrome、Edge)で xbox.com/play を開いて起動可能

Mac
・対応ブラウザ(Safari)で xbox.com/play を開いてクラウドゲーミングを起動可能

Chromebook
・対応ブラウザ(Chrome、Edge)で xbox.com/play を開いてクラウドゲーミングを起動可能
・Android用「Xbox Game Pass」アプリからクラウドゲーミングを起動可能

発表時の映像では、複数種類のデバイスでマルチプレイに参加して、一緒に遊べる模様も紹介されています。

AndroidのXbox Game Passアプリから起動できることから、AmazonのFireタブレットでも利用できることが想定できますが、こちらはリリース後に検証してみることにします。

Xbox Game Pass Ultimateは初回1か月は100円、以降月額1100円で利用可能。PC、コンソールの対象タイトルがいずれも利用可能な他、マルチプレイや特典が利用できるXbox Live Gold、Electronic Artsのタイトルが遊べるEA Playもメンバーシップに含まれます。

Xbox Cloud Gaming
https://www.xbox.com/play

【TGS2021 マイクロソフト】Tokyo Game Show 2021 Xbox Live Stream
https://youtu.be/wbevOllkxLE

access_time create folderゲーム

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧