ビットコインはネガティブなヘッドラインに耐え得るか?【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコインはネガティブなヘッドラインに耐え得るか?【仮想通貨相場】

 

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

ネガティブなヘッドラインが続いたが

昨日のBTC相場はもみ合い推移。日曜日に4万ドル(約445万円)台からダブルボトム気味に反発、一時44,000ドル(約485万円)台に乗せた。その後は上値が重くなったが、ダブルボトムのネックラインである43,000ドル(約475万円)近辺でサポートされている。BTCは、日曜日にUNIやSUSHIといったDeFi銘柄の急上昇に後押しされて43,000ドル台に値を戻し、CME先物も小幅窓を開けてスタートしたが、44,000ドル手前で跳ね返されると失速した。43,000ドル割れで窓埋めを終了すると日本株が高寄りしたこともあり上昇に転じ44,000ドル台乗せに成功した。しかし、この水準で上げ渋ると、中国の内モンゴル州で1万台以上のマイニング機器が押収されたと伝わり、更にBinanceがシンガポールで暗号資産サービスを実質停止すると発表、BTCはじりじりと値を下げた。週明けのNY株が高寄りして始まるとBTCも一時値を戻した。その後、中国向けサービスを停止していたETHマイニング大手SparkPoolが操業停止を発表、一時43,000ドルを割り込んだが、その水準では再びサポートされている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

建玉動向からみるチャイナショック後のBTC(ビットコイン)【仮想通貨相場】
重要な節目を死守したビットコイン 中国にできることはもうない?【仮想通貨相場】
中国問題で揺れたビットコイン、中国リスクへの耐性を見せるか【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧