重要な節目を死守したビットコイン 中国にできることはもうない?【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
重要な節目を死守したビットコイン 中国にできることはもうない?【仮想通貨相場】

 

著者 長谷川友哉(はせがわゆうや)ビットバンク マーケットアナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

先週(20日〜26日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比424,901円(8.16%)安の4,782,487円と反落。中国恒大のデフォルトリスクで週明けに520万円周辺から430万円付近まで安値を広げた相場は、同社デフォルトリスクの後退と米連邦公開市場委員会(FOMC)を無事に通過し一時は500万円まで戻すも、24日に中国人民銀行が暗号資産(仮想通貨)の取引、マイニング及び決済の全面禁止を発表すると急反落し、450万円にタッチ。しかし、中国絡みの規制には既視感もあり、この日の相場は米株の上昇を支えに切り返し、週末にはアルトコインの上昇に連れ高となり、400万円台後半で週足終値を付けた。



第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

BTCは、対ドル週足で、チャート上で重要な節目となる43,000ドル(≒476万円)を死守した。同水準は、5月〜7月にかけてのレンジ上限となっており、ここを明確に割り込むと安値圏レンジに押し返された格好となり、テクニカル的なセンチメントが悪化すると指摘される。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

中国問題で揺れたビットコイン、中国リスクへの耐性を見せるか【仮想通貨相場】
韓国ライセンス制度施行―アジア売りに警戒か【仮想通貨相場】
窮地を脱したビットコイン 市場心理好転で反転上昇【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧